夢が少しずつ近づいていく

今年1年で引退後の事をなんとかしないとなりません。

自分のやりたいことが少しずつ叶っています。
まだ、まだ、足らないけど。

二冊目の出版の話が出ました。
福祉関係との交流
老人ホーム、病院との交流

動きました。動きました。そしたら、金魚の指輪なのか、転写ロケットペンダントなのか、
本当にとんとん拍子です。

二冊目の本も2冊書くことに
福祉とは、仕事として納品することに。
老人ホームと病院には話を通してくれる人がいて。

だんだん夢が現実化していきます。
ますます忙しくなるだろうと予想していますが、夢がかなう事に楽しいと思います。

思いついたらすぐ行動できるというフットワークはだんだん年齢とともにできなくなります。
だから、今動く。動けなくなる前に動く。

息子がうちの会社のアルバイトをしていましたが、別の会社に就職し、これもまた、いろいろ変わってきました。

もしも、戻ってきたら、運転手でもしてくれたらうれしいなと思います。
反対に長女がうちの仕事を手伝ってくれています。月に2回孫を連れてきますから、孫と遊んでいる時間があります。

これから、仕事が益々増えていきます。
やらなきゃならないことがあるって悩んでいる暇はありません。何せ時間に追われていますから。

時間は厳守しなければ、ルーズな人は仕事もお金もルーズとみなされます。

人事ではありません。私は約束を忘れてしまう事が度々あります。秘書がいてくれて助かっています。

さ、今やらなきゃならないことをやっていかないと。
動け、動け、いつも頭にあるのは、次は何をする?です。
.
ここにシフトした頭にしないと、自分は何もしないで、ただ流されていくだけの時間になってしまいます。

.「神様にゆだねる」を言い訳に何もしないでいたら、たぶん堕落という言葉に変化してしまいます。
常に「動く」をしてから、神様は見ていて、良いことをしているのなら、それなりに結論を出してくれることでしょう。
「動かない人」にも神様が結論を出しています。

ゆだねなくても、神様は公平に結果を見せてくれるはず。

朝の香り

5時半過ぎ神社に向かいました。いつもより2時間くらい早い。

氏神様の神社は小さな山の上にあるのだか、車から降りると懐かしい匂いがしてきます。

幼い頃、田舎に遊びに行ったときに毎日この匂いを感じたものだった。
田舎は山梨の母の実家。山奥の辺鄙なところに家がある。

周りは山と河で他に何もないような場所。何せ最寄りの駅からバス45分も乗っていく。一日4本しかバスが通らないというところでした。

勿論遊ぶとしたら葉っぱの笛を作ったり、ホオズキの中身をほじくったり、花の蜜を吸ったり、虫を捕まえたり、河で水遊びするようなところです。

動物もいます。牛、豚、放し飼いの鶏、猫など。もちろん臭い。お蚕もやっていた。桑畑があって・・・庭のほとんどが野菜畑。
そんな田舎は夏休みの1か月間を毎年過ごしていた。

その時の匂いがよみがえる今日の朝の匂い。この匂いは葉っぱが伸びる匂いなのかな?素敵な匂い。
この匂いを吸いながら歩くなんて、なんて贅沢なんだろう、なんて素敵なんだろうと思いながら境内に入っていきました。

また明日も5時半に行ってみよう。からだの中にこの匂いを吸い込んで細胞に栄養を与えたい。

ニキビ

台湾から帰ってきたころから高校生の娘の様子が近ごろ変だと感じていました。

涙ぐんでいるような気がする・・・ニキビが益々ひどくなっているような気がする。
その程度でしたが、どうした?と訊くと、それなりの反応がある。

自己嫌悪だと次に言い出す。
何があったのかと思うとアイデンティティがまだ出来上がっていない不安定なものだった。

しかし、ここで一つ気を付けないといけないことがある。
不安定な精神の上に反抗期という事が重なる。

こんな時、判断を本人にゆだねたままにしているとこれがまたとんでもない事になりかねない。

私は長男の時、高校進学の時、〇〇高校のガイダンスを受けてきたと言ってここに行くと決めたらしい。
私はそこに行くなら、同じ偏差値の△△の大学付属高校の方がいいのと違うか?というと、
「ママの言いなりにはならない、自分で決める」と言い張る。

結果彼は専門学校をでることになりました。付属高校に入っていたら、受験の失敗や心配もなかったろうに。
彼の決めたことですから、彼自身それを受け止めたと思いますし、それが運命というのなら、それはそうですが。

親の身になると、もっと強く言っておけばよかったと思ったものです。

同じようなことがまたありました。

部活の事でした。今入っている部活の問題で自意識で陰口言われているという。
陰口言いたい人は言わせておけばいいじゃない。
自分が悪いなら、反省して直せばいい、間違っていないなら堂々としていればいい。

「いいの?これで?」 という。
良いんだよ。自分で決めたことでしょう?

もう一つ入っておいた方がいい部活を今からでもいいから、入ってみたら?と促すと、
「ママに言われたから入るってことは、進んでやりたくて入ったのと違うから、部員の足手まといになる」
という。

そもそも自分で決められないという自分が嫌だとも言う。

ま、部活だからね、そんな大げさなことじゃない。
人の役に立つという事がどういうことなのか、知ってほしいから言っているのに、彼女は「言いなり」にこだわる。

自意識ばかりでものごとを判断している自分に気が付いてほしい。
「他人の言いなり」「親のいいなり」という基準じゃなくて、人生に何が大切なのかの基準で決めてほしい。

息子と同じことを言う娘に私が言えるのは「親を超えろ」です。
「ママがそれをいう理由がなんなのか、なぜそこまで言うのかを考えろ」
その判断ができてから、初めて自分で決めなさい。

「自意識で判断している事に気づきなさい」
「人が喜ぶことをして初めて役に立つ人間になる」
「役に立つ人間になれば、なぜ勉強しなければならないのかもわかる」
「学生だって社会人だって何もかわらない、今からその学びをしなさい」

「ママのいいなりは嫌だ」の自意識基準で判断していく事が当たり前になり、「他人の目におびえる」という自意識基準で生きていくことになる。

そこから脱する方法を学びなさい。人の役に立つ人間は、人が求める人間になる。
その人が社会に出て成功していくものだと思います。

そんな話を2時間しました、「やっみようかと思う」という答えが聞けました。人の役に立つってどういうことか見てくるといい。

そのあと、あの真っ赤だった顔が白くなってくる。
鏡見た本人が「私ってこんなに顔にでるのか、びっくりした」と言っていました。

えだマルシェ

32169805_1729908083758383_4511666318981726208_n.jpg

桐蔭学園にインターアクトクラブというのがあります。
ここに入っている子供たちはポランティア活動をしています。
彼らがボランティアしている一つにえだ福祉ホームで作られた商品やフェアトレード商品の販売活動を行っています。

その関係で弊社、アスナ株式会社とのつながりもできました。

ちょこっと宣伝です。

えだマルシェが行われます。
5月19日土曜日 10;30~14:30 雨天決行となっています。
場所 横浜市青葉区荏田町494-7

販売商品は手作り雑貨でポーチ、アクリルたわし、ストール、ポストカード、.アクセサリー、クッキー、ケーキ等があります。
また、彼らはお料理もやっていて、下記の場所でランチが食べられます。
https://www.ekiten.jp/shop_5924418/

ローカルな情報で申し訳ないですが、少しでもこういう活動を知ってもらいたいと思います。
駐車場がありませんので、江田駅から歩いて18分くらいのところです。

お待ちしています。

LINEで翻訳

LINEに翻訳機能がついていたんですね・・・
http://www.appbank.net/2016/11/16/iphone-application/12773450
知らなかった~

中国人とラインをしていて、翻訳機能を立ち上げてから翻訳してもらう手間がものすごく大変でした。
しかも、その翻訳全く違うんだけど・・・と言ったことがよくあります。
一年もやってたよ💦

今回どこまでラインが翻訳忠実にしてくれるかは不明ですが、ともかく時間が短縮できてこれじゃなきゃと思いました。

iliも買ったのですが、香港では英語も中国語もiliじゃ、通じない💦
片言の英語でも自分で話した方が通じます。意味ないわ~
確かに機械音のでよくわからないのもわかります。

今回台湾に行くので、ラインの機能に期待をよせて、楽しんで来ようと思います。
友人は英語も日本語も全くできません。私は中国語が全くできません。

頼るは翻訳機能のアプリのみ。でも、その友人とは1年と長い間LINEでつながっています。
一年ぶりに会う予定です。.
そして台湾にいる生徒さんとも再会します。めちゃ、楽しみです。
14日には帰ってきます。