保険と休憩

逃げ道は必要なんだという言葉は誤解を招きやすい。

逃げの最後は自殺になるから。
逃げていいんだよと言う言葉を使ってほしくない。まして教育者が言うと真に受けてしまう。

私なら、競争に負けていく事を教えているような気してならない。ゆとりのせいにしているけど、違うと思います。

逃げていいのではなくて、「挑戦するための一時休憩」であって欲しいです。

あと大事なのは保険です。心の保険。

出来なかった時の保険です。挑戦したくない気持ちの原因は失敗への恐れです。
失敗してもいいという保険が欲しいのだと思います。

それが無ければ挑戦できないという気持ちもわかります。

逃げていいのではなくて、失敗を許さないのでもない。
むしろ悔しい思いをしてほしいくらいだ。

挑戦するという事は、失敗のリスクもある。でも、挑戦することからも逃げてどうする?

逃げ道を教えるのではなくて、「休憩場所」ならあるぞと教えてほしい。
それは親子の会話ではないだろうか。

息子が昔言っていたことがあります。
「保険が欲しいんだよ。ママの言う通りをやって失敗したこともある。だから、親の言う通りするのは嫌だ。でも、逃げて良い場所が欲しいんだよ」

子供は「どうしていいのかわからない」という事が多いものです。
そんな時、失敗を沢山した親や大人の話はとても参考になります。

自慢話ではなくて、失敗した話でも、親は逃げなかったという場面とか、やりつくした達成感とか、そんな経験を共感できるように会話は大事なように思います。

そんな会話を子供とできる環境を作ってほしいです。

統計で、親子の会話が多い家庭は不良になりづらいそうです。
リビングで勉強している子供は成績が良いようです。

リビングなら、雑音もですが、ちょこっと子供との会話もします。
親は子供に手を掛けないとダメですよ。

娘はリビングで勉強すると「ママと話が始まっちゃうから良くないからやらない、でも、ママとの会話は多いと自分でも思う」
と言っています。

何気ない会話から始まるのですが、私からもよく「これどう思う?」と娘に話しかけています。
すると議論になるので、長くなります。

議論て、言葉の勉強になります。
大人との会話の大切な時間は、数年間と限られています。

彼らが大人になるまでの時間、教え込む親になるのではなくて、「休憩場所」を家庭に作ってあげてほしいです。
手を掛けなきゃ子供は逃げ場所を求めてしまいます。逃避は挑戦からも逃げます。

そうでなくても、楽して逃げ出したいと常に思っているのが子供ですから。

それを「よしよし」なんて親も思っていませんよ。だって「東大に入る塾」「東大に入れた親」の本はバカ売れですからね。
逃げる子供が東大に受かるとは思えないです。

保険と休憩を作るのは家庭かな?と思います。

執着したくなる?

考え方で気持ちまで変わります。

大切なものを他人が壊した時、貴方はどうやって心の折れを直しますか?

許せない人は「悪い人」と思われるから「許す」と言う人が多いかもしれません。
あるいは、心が広いので、「許せる」という人が多いかもしれません。
弁償とか、同様なものとか、お金とか色々ありますよね。

問題は大切なものに対する執着によるはずです。

やっと、何年もかけて月賦で買ったものだったり、プレミアムなレアなものだったり、もう手に入らないんだよというものだったら、弁償してもらう事すらできません。

「相手にどうにかしてもらう」 と思うと、それを自分の要望に叶えてくれない様なら、怒りがこみ上げてきます。
そもそも、怒りってそこですからね。
自分の思い通りに相手が動かないから怒りがこみあげてくるもの。
という事は相手に要望があれば、あるほど、怒りを心の中に秘めていることになります。

心の自立をしていたら、相手に要望を持たず、そういう人を受け入れますから、怒りを持ちません。

といいつつ、心は追い付かないのが心です。

私は物の時、今まで使った日割り計算をして、一日幾らで使用していたという事をします。

かつて高級時計を忘れてきてしまいました。そのお店に連絡しても、無いと言われ、無いわけないんだよと思いつつ、見つからない事にガックリしたのですが、日割り計算したら一日数円でした。24時間を一円も満たない。
もうそこまで使っていたのなら、手放す時が来たのかな?もう新しい時計を買っても良いのでは?という時期の知らせかな?と思ったら、スッとその時計への執着は消えました。

そもそも、時計の方では別れたかったという事になるのかな。

逆に新しい時計を見つける楽しみに変わったことがありました。

その時計高かったのよという気持ちだと苦しくなるけど、一日数円か~、向こうから別れたいのだと思うと、何故かスッと楽になる。

ものの考え方というのはこういうところにもありますね。
心を楽にする生き方を学んでみませんか?
答えは一つではありません。もっともっと考えてみましょう。

こういった考え方で心を楽にする「セルフヒーリング」というのをやっています。
http://try-cs.jp/

担任と連携プレー

娘たちの中学時代、担任に恵まれました。
私はよく担任となんでも電話で話していました。

面談があると笑いが出るほど仲が良かったです。

息子の時は中学の生徒会だったので、全く心配もせずに過ごしていました。

とても親身になる先生に出会う事は難しいです。
今回、担任と直接面談をするようになってから、「連携でやりましょう」という話をしています。

その話は
勿論進学が目標です。
でも、部活も思い切りやってほしいですね。青春ですもの。

その両立について先生も私も頭を抱えています。

部活から帰宅すると疲れて早々と寝てしまうからです。でも、それは、勉強できないという言い訳であって「しょうがない」とは言えません。

娘が夜中に、今日面談があってさ・・・と5分話初めて泣きながら話します。

何を言われたのかと思いますよね?

数学で経済学部に行くのは今の成績じゃ難しくて、学年でトップスリーにならないとと言われたと言いながら泣いています。

先生は本気なんだと思いました。
私には先生は「センター試験で私立を目指せば数学で経済学部を狙える可能性が増えるから、そっちのクラスで」
という話になっていたのです。

しかし、先生は「トップ校の私立」という事を薦めてきたのです。この子がやる気をだしていけば、行ける?かも??
その話をしている間、ずっと娘は泣いています。

トップスリーなんて無理と決め込んでいますので。

経済学部は文化系です。しかし、彼女はお金に関する学部に行きたい。
でも、社会が苦手で、数学が一番好きな科目。数学で受験したいという気持ちはわかります。

だから、ずっと悩んでいました。娘は経済学部は数学で進学すると決め込んでいたのです。
しかし、蓋をひらけば、殆ど数学受験で経済学部にはいる大学がありません。

社会では無理だと言い切ります。

私は自分のやりたいことをやればいいのでは?とずっと前から話していました。数学で行きたいのなら数学でいいじゃない。
その言葉は多分彼女の心に響いたのかもしれません。

「もしも、先生に文学部に変更させられたら、私は勉強を諦めたかもしれない。
でも、数学で良いと言ってくれたから、ヒック、ヒック、やってみる。・・・・
・・・・ママ、もしも、頑張っても一番とれなかったらどうしよう?」

お母さんは何て答えればいいのでしょう?

私は
「一番取ろうと言う勉強じゃなくて、完璧にここは勉強した。試験は大丈夫という勉強をすればいいのでは?
結果一番になってたよって事になるんじゃないのかな?
完璧に勉強したけど、トップに入れなかったは、誰も文句は言えないでしょ?
勉強も何時間勉強したじゃなくて、夢中にやっていたら、いつの間にか5時間やっていた、7時間やっていたってなるから」

と話しました。

「完璧にやったという気持ちにになったことがあるからわかる。
夢中になってこんなに時間過ぎていたということも経験がある。わかったよ」

戦う姿は親も嬉しい。「諦めるな~ ピリギャルもいるよ~」と心の声でエールを送っている。

勉強の方は高校の先生に任せます。担任とは普段の生活の態度などの連絡をしていきます。
先生は教育学問のプロなので、今の大学事情は学校が一番知っていますから、その情報の元、学問を娘にコマメに話してほしいです。

私は自分に勝てるようにバックアップしていきたいと思います。
必要な時、相談してくるでしょう。そうしたら、「頑張る」と言ってもらえるような話をしていきたいと思います。

勉強さえできればいいわけじゃないですが、
困難から逃げないで、成し遂げた経験はきっと一生の励みになると信じたいです。

私も57という年齢ですが、この年になると、何かお願いしますと言われたら、できませんという事が言えません。
自分の中だけなのかもしれませんが、「いい歳をして、できないでは通用しない」という気持ちが浮かび上がってしまいます。

断るのは簡単なのですが、「役に立つことがあれば」 やってみます。の姿勢を要求されているのかと思います。

逃げないでいられるように、若いうちに、沢山、嫌でもやってみるの経験を積んで欲しいです。

あるある喧嘩ですね



これを長女がカラオケで歌います。
わーあるあるって感じでノリノリで一緒に歌ってます(*'▽')

あるある 触らないでよって言う言う(*'▽')

そうそう、反省したなら、それを態度で示せ
そうそう、わかったって、口ばっか、これで何度目よ

女心の歌だよね~って感じです。
その場限りで繕う男性と、ずっと過去を覚えている女性の違いなのかもね。
あの時も謝って、だから許したのに、またやった~、あの時の謝罪はなんだったんだよ?
反省してないじゃん、ってことになる。

歳をとると、人前では喧嘩できなくなるけど、怒るポイントはいくつになっても同じなのかも?

池袋でのトリプル講演会の動画

先日は10月21日に行われました、池袋でのトリプル講演会にご参加いただきありがとうございました。

動画を編集しましたところ、
・手塚美羽「先生となった日」約50分
・つつみ葵「シンデレラストーリー」約55分
がYOUTUBEにて視聴できるようになりました。
笛野親子の講演につきましては、途中で電源が落ちてしまいまして少し内容が抜けておりました。

日程が合わなかった方からご要望がありましたので、動画を配信いたします。
ご要望ありがとうございました。

手塚美羽講演、つつみ葵講演、それぞれ各2000円となります。
アスナ事務局までご連絡いただけたらと思います。

当日、Skype参加の方で、途中音声が聞こえなくなった方,
ご要望ございましたら無料にて動画視聴のご案内をいたします。
笛野親子講演についても、ご要望ございましたらお問合せください。

reading◆asna.jp(◆を@に変えてください)までご連絡いただきますようお願い申し上げます。
About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます