格好付ける

先日のリーディングレッスンの時です。

頭が凄く重くて・・・ずんとくると生徒さんがお話します。

リーディングで見ると天辺に尖ったものが一本生えています。アンテナ?と思ったのですが、
よく見ると穴に棒のようなものを刺して突っついています。つっつきたい。そんな感じですね。
もう一つビジョンが捕まえたいけど、手放したり、でも、やっぱり捕まえたい。そんな手つきが見えて来ます。

ご本人に伺うと、
「あ、分かりました。言いたい事を言えずに「今の状態になったのは、あなたのせいよ」と言いたいけど言わなかったんですよ。あ、本当はこう言って責めたかったのに、言わなかった・・・
とおっしゃりながら、あああ、頭が軽くなった。なんだ、そういうことか。ありがとうございます。
話しているとどんどん頭が軽くなりました。間違いありませんね」

とお話されます。

そして、「メニエール症候群」という病にお相手の方の病だということで、これをリーディングレッスンの
課題にしてみました。

これはまあ、後ほど書きましょうか。お、私と同じ内容だと話していて確認しながら、進めている最中です。

ご本人がリーディングしている最中に
「耳鳴りが煩くて集中できません」と最後の最後の詰めの部分の時に話されます。

「メニエールと関係あるのか、無いのかはっきりさせなきゃ行けません。訊ねて?」と私。

「なんか上の意識の方が言いたい事あるような気がするんです。でも聞き取れなくて」

「じゃ尚更、関係しているのか聞かなきゃ、これは、これ、あれは、あれと区別していかないと解釈がぶれちゃいますからね。」

リーディングが終わると
「私格好付けてるという事みたいです」と生徒さんが、話します。

「ええええ?私にはちっともそう見えないけど、どうしてそんな話になるの?どこが?何を指して?あなたの事?」

「ええ、そうです。私がです。『』(括弧)が見えて・・・菱形に変わるんです。私、格好つけていると言われたんです。」

「ああ、本当だ格好つけているだ。「◇二つの括弧がくっついて」菱形を作ったものね。」

括弧付けるというビジョンです。

「そうです。あ、分かった。私格好付けていました。この人に「あなたのせいよ」って言わないで、「そんなに自分を責めないで下さい」と言ってしまったんです。

そういう事をしていたのかと自分で自分に問いかけてみますと相手は言ってきたのに、「そんなに自分を責めないで下さい」と言ってしまったんです。

あああ、叱られてしまいましたね。神様に。」


神様って不思議ですよね。
「こうなったのも、あなたのせいよ」と思考することが悪いというのではなくて、思ってもいない嘘の方を咎める。
そう考えてはいけない、あるいはその考えは間違っているとなると、また違う教えがあります。

もっとも、口にしなかったのですから、間違いの行いをしたわけではないのでしょう。
それより、その嘘で自分を飾りってしまった事を咎めたのだと思います。

今回は格好付けているという教えがありました。

この方、いつも色々学んでいます。
神様がお側で、修正させていく感じがします。

そしてこういう場面に出会う度に、「神様って凄い」と叫んでしまう。

Comments 13

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/03/11 (Fri) 13:37 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/03/11 (Fri) 21:50 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 シークレットさん
言いたい事が言えない理由って何でしょうね。
嫌われたくないからでしょうか?傷つけたくないからでしょうか?
理由を考えると誰が1番大切なのかが分かりますね。

 シークレットさん
ありがとうございます。私は大丈夫です。家族もメールのやりとりで「生きてるか?」でした。
無事だと分かると急に眠くなるもので・・・。停電で寒くて布団に入っていたら、いつの間にか寝てしまいました。まだ、少しですが、揺れています。

2011/03/12 (Sat) 01:38 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/03/12 (Sat) 06:05 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 正直になるってそこの所のような気がします。

2011/03/12 (Sat) 10:52 | EDIT | REPLY |   
ゆうこ  
先日はありがとうございました

いつもレッスンの時に色々体調悪くなりすみません。

自分で神様からの注意がきちんと聞けたらそんなことも無いのでしょうが、わからないのでその時とばかりわからせられている気がします(>_<)


嘘を言っている相手にどんな本心を言ったところでどうにもならないと思ったし理性の方は格好つけて言った言葉が正しいと感じているので私の心の声を無視して仕舞いました

でもそれでは自分が納得出来なかったんですね…
自分自身に素直になるのは本当に難しいことです

そして注意されるのは有難い事だとおもいます

これはリーディングレッスンに通わなければ気がつけなかった事だと思います

本当にいつもありがとうございます。

2011/03/12 (Sat) 16:49 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 ゆうこさんは毎回驚くことばかり。

凄く顕著に現れていてそれこそ「わかりやすい人」という図に書いたようにすっきりしますね。

リーディングはご自分でなさっているんですよ。リーディングのビジョンは全てパーフェクトです。解釈の部分がいつも困ってしまうんですよね。

でも、今回、『』はご自分で解いたんですよ(^^)
私じゃない。凄いです。自分の事って一番難しいから、レッスン4にならないと分からないんです。
でも、もうすでに分かる。これが凄いです。

これから、もっと楽しみですね。痛いのは気の毒ですが、解明が出来れば、私の所に来なくても、分かりますし、直せますし、治せます(^^)その場で治りますからね。

耳鳴りがその場で、解明した途端なくなったので、間違いないですって、お話していましたものね。

いや、体が痛いとか、辛いのは気の毒だと思っていますよ。でも、きちんと解釈を習得して欲しいです。
こんなに教えて頂いているんだから(^^)←笑う所じゃない?

生徒さん達もこういう体験している人が多いです。その場で治るから習得したいと、こんな遠いところまでいらして下さっているのでしょうね。感謝します。

2011/03/12 (Sat) 19:24 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/02/25 (Tue) 10:12 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 お話だけで、把握出来ないので無責任な言い方になってしまいますが、もしかして、「直らないんだから仕方ないじゃないか、ボーダーなんだから」と、聞いた側の気持ちになると、開き直っていると思ってしまうのかもしれません。だからってやっていいと思うなという事を親子だと怒ってしまい、言葉足らずで、誤解が生まれている事もあります。

ボーダーだから直らないというのではなくて、直そうと思っても分からなくなってしまうのだから、怒らないで、またなっているから気をつけてと教えてくれと話したらどうでしょうか?

2014/02/26 (Wed) 07:48 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/02/28 (Fri) 08:35 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 分かってくれないと嘆くのであれば、何を言っても解らない人だと、理解してはいかがでしょうか?
それを受け入れられないから辛いんですよね?
分かってくれるまで抵抗してしまうんですよね?
いつまで経っても「分かってよ」と要求しては、「分かってくれない」と嘆く事になりませんか?
御母様に対して、分かってくれなくてもいい、期待しませんと思えたらとても楽になるんですけどね?

2014/03/02 (Sun) 14:18 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/03/02 (Sun) 18:41 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 何処の親子も言いたい事を遠慮無く言える関係なんだと思います。
「出来ないんだもの、しょうがないじゃない」と娘が言えば、しょうがないと自分で言うな、と言いますね、私なら。
それはこっちの台詞だと・・・(^^)

でも、子供を通して思います。期待している時ほど辛いですけど、期待しなくなると、そういうものだと思いますから、怒る気持ちにもならないものです。
だってそれこそ、「しかたない」から、もう、やり尽くしたんだもの。

2014/03/03 (Mon) 07:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます