fc2ブログ

人のせい

電車の中で幼児が走り回っていました。

その後ろでおばあちゃんらしき人が、「マー君、まって」と小走り?(本人ではそのつもり)
で追いかけてきます。

そして連結のところで子供がドアを開けて立ちながら「ここは僕の場所」といいました。

おばあさんは「そんなところに立っていると車掌さんに叱られるよ」と言っています。

こういう教えが全て人のせいにするんです。

「車掌さんがみたら」
「車掌さんがいなかったら?」
「車掌さんが来るまでいいんだ」となる。

どうしておばあさんは「してはいけない」と叱らないのか。
嫌われたくないんですよね。怖い人は別の人にして、注意をする。
怖い人は私ではありませんとする。

「危ない」「迷惑を掛けている」を何も教えていないんです。

「車掌さんは怖い人」しか教えていない。

そういう子供が大人になって、迷惑を掛けないと言うことを知らない子供になる。
怪我をするまで分からない人になる。

案の定、その子供はまた、走り出して、反対側の連結で同じ事をしている。
「マー君、まって」と小走りするおばあちゃん。

これ毎日やっているんだろうか?


他の場所でもいいます。

店員さんに叱られるよ
警察に掴まるよ
先生に叱られるよ

と教えてしまう。

親の気ちも分かります。親の言うことを聞かないから、もっと怖い人がいるから、
直しなさいと言いたいんですよね。

でも、子供はそうは受け取らないんですよ。

見ていなければやっていいんだを教えてしまっているんです。
だから、要領の良い子は「はーい」と言いながら直らない。 天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 2

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/02/13 (Thu) 13:03 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 上司の言うことは守るものだと思います。組織なのですから。
一人の人が違う事をしたらそれは組織として成り立ちません。個人プレイをする人は組織の中では勤められない事を意味するのではないでしょうか?

2014/02/14 (Fri) 18:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行