FC2ブログ

出来ない事

受け入れるという事は出来ない事を認める事なのではないかと思い始めています。

諦めるなと言ってきた自分なのですが、諦めるのとは違います。

他人の事を期待するとその期待に裏切られることで辛くなります。

「そういう人だと思わなかった」がその一つです。

きっと直るだろう、きっと分かってくれるだろうという期待を持ってしまうものです。
しかし、それが不幸の始まり。

出来ない事なのに、信じてあげるのが愛だとしたら、期待が入った信心は、自己愛です。
出来る人を信じて期待するのはいい。応援するのも分かります。そして、その通りになるものだと思います。

しかし、出来ない人もいる。
出来ないものは出来ないと認めるも愛だと思います。

今までは自分に出来て、「あなたができない訳無いじゃない」という期待がありました。
それが息子です。彼女も居ます。

でも、漸く、「そうか、出来ないんだね」と思う事が出来るようになりました。
それが分かってくると、自分は相手に無理難題を押しつけていたんだと分かり始めます。

変に励ましていたから、本人も「出来なきゃ、しなきゃ」を見せてきます。
でも、出来ないんですよ。そして本人は「もっと、やる気を出させてくれればできる」と思い始めます。

いや、それより、「自分はできる」を変に信じてしまいます。
出来ない事を本人も受け入れられなくなるんですよ。出来ない理由を何か別のせいにしてしまう。

永遠にそれを繰り返してしまいます。

だったら、「頑張ったね、もう分かったよ」から、別の道を考えようとする事も必要な気がします。

それを他人は、甘えている。そして甘やかしていると思うかもしれない。
崖から突き落として這い上がれをさせろと思うかもしれない。

でも、這い上がれないのも居るんです。期待して落として良いのだろうか?となるんです。


精神的に弱い子供がいるんです。メンタルを強くさせたくても、強くなれない子供がいるんです。
強くさせたくて崖から落としても決して強くなりません。

本人がメンタルが弱いから強くなりたいと想わない限り他人がしてあげられるものではないのです。

何度か書いてきたかもしれません。親離れが出来ないゴリラを思い出します。
それが息子なのかもしれないと思うと胸が痛みます。

母親から巣立つ事ができず、大人になっても母親の傍にいるゴリラ
その母親が次の子供を身ごもると、母親は近づくゴリラに攻撃を掛けてきます。
あっちへいけと、例外なく息子ゴリラにもします。

彼は巣立てません。冷たくされても、払いのけられても、近づいて逃げる母親でも、ある程度の
距離を置きながらずっと傍に居ます。

子育てが終わって、弟ゴリラが親離れをしたあと、またあのゴリラが母親の傍に寄り添います。
いつもずっと一緒です。母親ゴリラも拒絶はしません。

ある日、母ゴリラは老衰します。死んだ母親を受け入れられなくて、数日間ずっと離れませんでした。

そして歩き出したとき、漸く親離れが出来る時が来たと思いました。

彼は木の上に葉で作った大きなベッドに寝転びます。何日も何日もその葉の上で自分の指遊びをして
暮らします。一度もベッドから降りません。

そのまま、何も食べずにそのベッドの中で眠るようにして死んでしまいました。

どんなに突き放しても、どんなに逃げてもその息子は母から逃げません。
そして母が帰らないと分かると生きる希望もなくなってしまったんです。

自立出来ないものもいる。

悲しい結末ですが、母ゴリラの育て方が問題だったとは思えないんですよね。

近寄るなと攻撃をしても、親離れができなかったゴリラでした。

子供を見ていると、変に「立派になろう」としてしまっているのか、いつか「出来る」を信じたいと思っているのか、
そんな気持ちで今を生活してことが既に自立になっていないです。

彼女と一緒に幸せになる方法を実行するには、まずは現実と向き合わないとならない。
何かそこまでにならない子供を見ていると、私が「出来ない」を受け入れなければならないのかもしれないと
思う今日この頃です。

受け入れるという事が本当に難しい。そう想いたくないから。

Comments 18

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/02/23 (Sun) 10:13 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 他人の気持ちって自分の範疇で想像してしまうので、誤解が生まれたり、理解に苦しむものなんでしょうね。

2014/02/24 (Mon) 18:08 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/02/25 (Tue) 10:31 | EDIT | REPLY |   
てんつくまる  
受け入れると言う事

受け入れる事が何なのか、私が一体何に気づいていないのか、ずっとずっと考えています。娘を元の様に良くしようするのではなく、今は学校に嫌々ながらも行っている、それで十分じゃないかと。冬休みに入ってから、はすな先生の言う様に、娘を甘やかすのをやめ、寝室で寝る様に布団を準備するのをやめました。まだまだ、甘やかしてる事も一部あるのですが、少しずつそれも減らしていく様に少しずつ変えていってます。課題をやらないと進級の為の補習はできませんと改めて言われたのですが、娘は毎日「どうせやったって、進級なんかできない」といってやろうとはしていませんでした。そしたら、年末年始インフルエンザにかかってしまいました。次の日、私もかかってしまい、娘共々寝正月になってしまいました。娘は症状が酷くなかなか治りが悪かったのですが、それから少しずつ彼と一緒に課題をやり始めました。以前に比べて随分と(私の)気持ちは楽になりました。毎日ではありませんが、朝まで眠ることもできる時もあります。睡眠薬も飲まなくても良くなりました。これが受け入れているのか、ただ諦めているだけなのか、自分ではその区別はよく分かりませんが、最近は、ああ、この子は元々とても臆病で、できない子なのだと。それに無理を強いてきたのだと実感しています。それでも、娘なりに課題をこなそうとしているんだと、理解しています。当然足らない事はわかっているのですが、無理ならもうそれで仕方ない、そもそもできない子だったのだと考えています。このゴリラの話と一緒だと思います。そしたら一昨日の夜、ぶつけたわけでもないのに、右中指の第2関節から根元の間の指がギュギュッと痛みだしました。直ぐ、これがはすな先生の言う「知らせ」なのかと思いました。リーディングはできないので、何の意味なのかは全く分かりません。そしたら昨日娘が問題を起こし学校から連絡がありました。呆れてしまう様な内容で、後日面談に行くのですが、その事で怒る気も起こりませんでした。そしたら今朝布団に寝に入って来た時に、娘が「本当にトイレが怖いんだ。個室で閉じられてる空間が本当に怖い、でも誰も信じてくれないから」と言い出しビックリしました。そして「これで一気に退学になれば良かったのに。課題なんかやる気にならないし、成績も取れるわけないし、進級なんかできないのに。どうせ問題しか起こさないゴミ屑の私なんてほっておいて、その分の時間を妹に向ければ良いじゃん」と言いだし、「母はあなたがが好きだよ、自分で自分を嫌いになったのは母のせいでしょ?母があなた自身を見てこないで、理想を押し付けたから、ごめんね」といって「散々自分のダメなところを言われて来たのに、謝られても自分のことを好きになるはずないでしょ」と直ぐ娘は寝てしまったのですが。娘の閉所恐怖症が今、ここまで酷くなっているとは気づかず、軽く考えていた事も申し訳なかったし、このゴリラのお母さんは何も悪くないでしょうが、娘は私のせいでこのゴリラと同じ道を辿るのかと、それを受け入れることが必要なのかと、今打っていたら、随分と中指の痛みが治りました。

2018/01/20 (Sat) 13:07 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  
To てんつくまるさん

これはもう4年前の投稿ですね。息子が23歳の頃の話です。このころはてんつくまるさんと同じように毎日がつらかったです。
この子はどうするんだろう?と将来を思うと文句を言いたくなる毎日でした。

そんな時、ふっと受け入れたらとても楽になったのです。受け入れるってあきらめとは違って、期待をしない気持ちになることでした。

何をやってもうまくいかないと自分で決めている子供に「頑張ればできる」は、激励どころか、逆効果だというのもわかりました。

中指は自分という意味があります。
その痛みの原因が理解したから、痛みが消えたのでしょう。

支配しない、押し付けない。をしないといけないのですが、躾とか、教育とか、言い聞かせとか、説得とかの言い方で、知らず知らずに支配し、親の価値観を押し付けているものなんです。

子供はその価値観に支配されたくないという自立が生まれていくから反抗していくんですね。

自分を確立していくには親の言いなりにならないことだというのが子供の価値観なのかもしれませんね?

2018/01/20 (Sat) 16:23 | EDIT | REPLY |   
てんつくまる  
結局最後は

なる様にしかならない、それを受け入れるしかないという事にしかならないんですねぇ…ニート引きこもりの親御さんも同じなんでしょうかね…せめて、風呂くらい入ってほしいんですけどねぇ…何もかもがめんどくさいしか言わないですからねぇ…それでも美味しいもの食べる時だけは機嫌良いんですけどね。いっぺんに沢山言うと、何も動かなくなるので、1日に一つずつ位やらせる様に今はしています。と言っても、「食べたご飯のお皿くらい、流しに持って行きなさい」「脱いだ洗濯物位は洗濯機に入れて」とか幼稚園児に言う様な、ごくごく一般的な事なんですが、それも怒って言わない様にしています。それでもやらない時は「しないのが普通」と思う様になって、私がやってしまいますが。そしたら随分と(私が)楽になりました。娘も文句を言う時もありますが「やっといてね」と言ったら、すごい時間はかかりますが、やってくれる様にもなりました。やっぱり高校はダメだろうとは思っていますが、もうそれでも自分で道を見つけるまで、何も言わないで見守ろうと思っています。問題はそれを見ている妹なんですが。当たり前の事をやらないお姉に怒り心頭ですからね。

2018/01/21 (Sun) 11:03 | EDIT | REPLY |   
てんつくまる  
右手中指は

娘に謝った後、一時的に痛みが引いたのですが、それからまたぶり返して中指の三番目の部分の指がパンパンに腫れてしまいました。どうやら、自分の事でも娘に謝るとかそういう事ではなかった様ですね。右手中指なので、何をするにも痛くて痛くて夜になると一層腫れ上がります。娘に対する感謝が足りないのかもしれませんね。

2018/01/22 (Mon) 13:34 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

手を使わせないように、やらせないようにさせているのかもしれませんね。中指は自分です。これは基本なので、ご自分のことです。
腫れて、痛くて痛くてとなれば、それはメッセージでしょう。曲げられないというのであれば、曲げられない何かがあるのかもしれません。

ご自分のことではないと決めるのは少し早いような気がしますけど?
どうぞお大事になさってください。
お子様の何もしないというところのヒントを知らせていたりして。お子さんの心底の気持ちがわかっているようでて本当はわかっていないとか?

2018/01/22 (Mon) 15:01 | EDIT | REPLY |   
てんつくまる  
確かに

自分の事だけど、方向が違うのかなと思ったのです。「娘に謝る」ではなく、先生の言う「娘の本当の気持ちがわかり切れてない」のかもしれません。毎日毎日「めんどくさい、学校行きたくない、もう何もかも全部ヤダ」と言い続けている娘を見ると、「もう無理して学校行かなくて良いよ」と言って辞めさせる方が正解なのか?と思います。でも先生は前に「無理やりにでも行かせて欲しかった」と後で言っているお子さんの話もされていました。結局、娘の本当の気持ちがわからないので、何が正解なのか、それが娘の気持ちに沿っていたとしても、ただの逃げでしかないのか?私自身、どう行動すべきなのか全然わかりません。と言っても呼吸法のおかげか、以前の様な焦りはなく、「まぁ何を言っても聞かないし、本人のやる様にしかならないか」と思ってイライラしなくなりました。先週、娘が問題を起こして自宅謹慎になってしまったのですが、それについて、娘の本当の気持ちがわかってないから、中指が痛むんですかね…整形にも、整体にも行ったのですが、今現在、痛みは全然引かないですね。むしろ、曲げても伸ばしても痛くなってしまいました。何なんだよ〜!って感じです。神様も、結局、一般人にわからない形で教えても意味ないじゃんかよ〜と悪態をつきたくなります(嘘です、罰当たりそうで怖い怖い)。

2018/01/23 (Tue) 09:59 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  
To てんつくまるさん

> 毎日毎日「めんどくさい、学校行きたくない、もう何もかも全部ヤダ」と言い続けている娘を見ると、「もう無理して学校行かなくて良いよ」と言って辞めさせる方が正解なのか?と思います。

私は、不正解だと思います。
本当は彼女は辞めたくないんです。将来大学行きたいんです。お子さんは私にはそう伝えていますし、本当はそうしたいのに、それが今どうやったらできるようになるのかがわからないのです。

辞めたいのは、今の現実から逃避したいからです。やってもできそうもないことを言われ続けていたから、その後遺症なんですよ。

それなのに、辞めたら?と言ったら逃避しなさいという事をさらに教えてしまうでしょう?
彼女の本当の気持ちは辞めたくないとなぜわかってあげれないのかな?と・・・
お母さんご自身が疲れるから、いい加減決着つけて楽になりたいという風に聞こえてしまう・・・だから、またお子さんが怒るのでしょう。

お子さんの気持ちを理解するって表面的なことではないと思いますよ。

2018/01/23 (Tue) 18:18 | EDIT | REPLY |   
てんつくまる  
天邪鬼過ぎて…

私から学校辞めたらとはもちろん言ってませんし、毎日黙って学校の準備をするだけです。勉強しろとも言ってません。「今は」とにかく逃げたい一心で、「学校辞めたい、家でひたすらダラダラしていたい」しか言わないのでそれを言い出したら、黙って席を外して何も答えないようにしています。するとグズグズしながらもいちおうはがっこうにいっているので。帰ってきたら、「今日も学校行けて良かった、えらかったね、お疲れ様」といっています。家ではひたすら床に寝転がってスマホしかしてませんが。いずれにせよ、本人が考えて自分で動き出さない限り、こちらが言う事は全て拒否な訳ですから、自分で考えて、動き出すのを待つだけです。高校はこれ以上待ってくれないでしょうから、今の高校は諦めて気を長くして待つしかないんですね。本人は自分で決めるんじゃなくて、学校から「もうダメですよ」と言われるのを待ってるだけですが。

2018/01/26 (Fri) 09:34 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  
No titleTo てんつくまるさん

でも、学校に行くようになったんですよね。それは進歩です。よかった。何より良かった。自分から行かなきゃと思ってきたという事ですね。ゆっくりだけど確実に進歩しています。焦らず、彼女のテンポに合わせましょう。
私も愚息が朝早くから大雪の朝、雪かきを自ら進んでやってくれました。これは私も驚きました。近所の人と一緒になって雪かきをしていたのですから。
こっちが変わらないと相手は変わらない。本当にそう思います。

2018/01/27 (Sat) 01:29 | EDIT | REPLY |   
てんつくまる  
あと少し

娘は学校が嫌と言いつつも、学校のスキーには行く気でいるし、
先輩に話を聞いたりして、「私ももうすぐ先輩になるという驚きの事実」ということを言ったりしているので、進級する気はあるんだろうとは思います。ただその進級する為の努力は本当にしたくないんだろうなと思います。だけどやらなきゃいけないことを本当に少しずつ、彼氏に協力してもらいながら、少しずつやっているという感じです。
昨日も出かける時に「課題が全部終わるかはわからないけど、全然やらない訳じゃないよ、嫌だけど。課題持って行ってくる」と行って出かけました。終わったのかどうかはわかりませんが、少しはやってると信じています。朝も文句を言いつつ、私がいれば必ず「もう行かなくても良い?」と必ず聞いてきますが、答えずにいると行っています。寝てないので、学校で寝てばかりでしょうが。授業中寝てばかりではダメだよとも先生にも言われてもいるんですが、どうしても夜更かしは止めないですね。でもこれももう何も声かけもせず、自分で判断させています。ただ、それを放置するだけではなく、授業中見ている学校の先生から注意をしていただくようにすると良いのかなと思っています。
成績が足らない、授業態度が悪い、それで学校から「ダメ」と言われたら、自分は頑張ったのに、自分のせいではなく、学校からダメと言われたから自分は悪くないと思いたいのかな?思います。自分で決めたくない、人に決めてもらいたいんですよね。
あと、本当にもう少し…なんだけどなぁ。学校行くのも娘なりに本当に頑張っているんでしょう。その努力がなんとか無駄にならないと良いなぁと思っています。一生懸命頑張って学校に行ってる事も認めて、「なんだかんだ言って、毎日頑張ってる事、ちゃんと見てるよ、学校も行ってるじゃない。少しずつやれる範囲で頑張れば、それで良いよ」と話しているんですが。そういうと必ず、「もう無理」と言いますが、静観して見ています。

2018/01/29 (Mon) 15:52 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  
To てんつくまるさん

お母さんが変わったからお子さんも変わったと思います。余計なことを言わなければ、行くじゃないですか。それでいいんだと思います。
行くことに抵抗がなくなれば、今度はこのままじゃいけなんだと本人が思うまでです。
お母さんに気に入られるように生きるのではなくて、自分で切り開くことをしようとしているときです。もう少しです。お母さん、今が大事な時です。どうか焦らないでほしいです。

2018/01/29 (Mon) 20:56 | EDIT | REPLY |   
てんつくまる  
焦らずに

はい、とにかく落ち着いて、娘と向き合う事、なるだけ、娘と穏やかな時間を過ごすことを心がけていきたいと思います。この先を不安に思うのではなく、たとえ、今の高校がダメになったとしても、今は娘には時期ではないのだろう、必要ではなかったと考えていこうと思います。いつか娘自身が気付いて自分で動き出す、その時期が来るのを待とうと思います。それすら来ないかもしれませんが。今までは何とかこちらから気付かせよう、気付いてほしい、その為に何かできないかと遮二無二やってきたのですが、それは何をどうやっても、できないんだろうなと、やっと思えるようになりました。もちろん、親としての役目は果たしますが、もう娘は私の手からは離れているんだと、私が理解しないといけないんですね。

2018/01/31 (Wed) 12:45 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  
To てんつくまるさん

ずいぶん変わりましたね。そうです。焦っても何も変わらないです。お母さんが変わるとお子さんも変わります。これは絶対です。

学校に行きたいはずです。卒業したいから行っているので、次に少しだけハードル上げて、宿題あるんじゃないの?というように少しずつ机に向かう言葉をかけていくといいかもしですよ。
昨晩一番下の高1の娘に「やればできるのに、なんでやらないの?」って言っても「やらないよ」ってずっと言っていたのにと言われました。
ママは「教えもしないのに、いつもなんて読むの?と聞いては2歳でひらがなすべて読めて、3歳でローマ字すべて読めていたのに、その頭脳があって、なんでやらないの?」と中三まで言っていたといわれてしまいました💦私は言ったつもりはないんですけど、本人がそういうのなら言っていたんでしょうね。
やらないのは、「本気は今じゃなくて良いんだと思うから」と説明してくれました。

勉強だけじゃ、それも人として何かが足らないと思うので、部活も本気で取り組んでいけたらいいなと思います。青春ですものね。

2018/02/01 (Thu) 07:51 | EDIT | REPLY |   
てんつくまる  
どうなることやら

未だ毎日、今朝も「学校行くの嫌だなぁ…そもそもどうして行かなくちゃいけないのよ?」と言っているくらいです。今朝も寝たのは朝の5時でした。もちろん、彼氏と電話したり、スマホしてただけなんですけどね。寝る時(もう私は起きる時間だったのですが)に「母に冷えた体をぎゅーしてもらうんだ」と言ってひっついてきたので、抱きしめて体を温めてやりました。やってる事もまるで幼稚園児ですよね。やはり娘は本当に可愛いです。毎日こんなに反抗していても、こんなふうに甘えられるとやはり受け入れてしまう、涙が出てしまう私も弱い母親です。その2時間後くらいに起こした時はもう反抗モードで登校しましたが。今日も遅刻かなぁ?という時間でした。そんな感じでまだ学校に行くのに抵抗がないという訳ではないし、勉強のことを言ってもダメでしょうから、この辺の兼ね合いは難しいです。今朝もその後で「学校嫌だなあ…でも行かなくちゃいけないんだよなぁ…」とも話していたので、娘の中でも本当に今崖っぷちの状態なんだと思います。あとは本人と学校次第、ということで私も娘と対峙することから逃げているのかもしれませんが、これ以上何をどうすれば良いのか、わかりません。今まで、散々「娘の為に」と色々やってきた言ってきたことが全て裏目に出てきた私には、今はもう焦らず、静観する以外に何をすべきなのかわかりません。ただどうしても、どうしようもなく娘は可愛い、ただそれだけです。

2018/02/01 (Thu) 12:25 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

何度も同じことを言いたくないので、コメントは控えますね。

2018/02/02 (Fri) 11:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply