fc2ブログ

ホルモンバランス?

生理前って何故か眠いし、怒りっぽいくなります。これをPMS(生理前症候群)といいますね。

これが酷い時は生理も結構強い。生理痛は全く痛くないのですが、出血が多い。
貧血症はこのせいなのかもしれない。

生理が来るとその症状は無くなり、今度は物を落としやすくなります。
昨日、「生理が来ると物を不思議と落としてしまいませんか」というお話になります。

ああ、落とすかも。

生理になって直ぐランチに行きました。上手くフォークとナイフが使えない。
滑ってお皿の上に落としてしまう事2回
こういう時はいつもバイオリズムが不安定の時だとおもっていましたが、
生理とも関係するのかもしれません。

PMSをリーディングしていくと、ひまわりのような花が見えてきます。一輪だけです。
これがある方向にポン、ポンと丸い物を出しているのですが、普段は綺麗に真ん丸が出ていきます。

しかし、生理前になるとその飛び出し方が弱く、形も歪です。

何故か出口が小さくなっています。
そして出方を見てみると、その玉が破れたり歪なのは出口で壊されてしまうからです。

ある方向に真っ直ぐにも行かなくなります。その方向にはちゃんと受取口があるのですが、
それに丸いままに入らないから、歪な状態で受け取ってしまう。

これがイライラする原因のようですね。

不思議と生理が始まると出口がいつもの大きさに戻ってます。
天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 4

てんつくまる  
生理痛

娘がひどい生理痛でイライラもひどいし、やっと年齢に達したこともあり、痛み止めを欲しいと言います。私は生理痛は生活習慣が悪いと酷くなる(体を冷やす等)と思っているので、家にいる間は別に我慢しろ、日頃の報いだと言って渡さないのですが、学校で痛みで集中できないくらいなら薬を飲んで来いと言われるそうで。学校の時は酷ければ飲ませますが、本人曰く、家で折角ゆっくり楽しい時を過ごしたいのに、痛みで過ごせないようにするのは酷い、薬をくれればいいのに、と文句。確かに言い分もなるほどとは思いますし、初日だと余計痛いんでしょうね。女性は等しくありますし、程度の差は人それぞれですが、生理痛が酷いというのは体の声的に意味はあるのでしょうか?

2017/11/28 (Tue) 15:37 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  
To てんつくまるさん

不調について16歳未満はほぼ親の身代わりという感じがしています。
女性性への部分の抵抗感がある人は生理痛になり易いように思います。性別への拘りはないでしょうか。
例えば過剰に女性だから、男性に気をつけましょうとか。女性だから、からだを冷やさない様にしましょうとか。女性だからという意識が強いと事はないでしょうか。これはお母さんがそういう考えの方はお子さんにも影響出るように思います。
子宮の位置は受け止める場所という意味に解釈しています。不安的なので出来事に対してしっかり受け止める事が出来ていないと不順になったり、故障が起きたりします。
思春期の生理が不順なのもそのせいです。

腹痛なのか頭痛なのか生理痛の場所が書いていないので何とも言えないですが、単純には腹痛は謝りなさいと言う意味があります。謙虚になって頭を下げなさいという意味であり、頭痛は考え方が間違っているという意味があります。
本当ならちゃんと細かくリーディングをして、具体的な意味解釈を理解した方が解決は早いと思います。
気づきがあり、反省して気をつけるという事があると改善がみられると思いますが?ご両親の事をお子さんが身代わりになって知らせている場合もあります。

2017/11/29 (Wed) 14:46 | EDIT | REPLY |   
てんつくまる  
To 笛野はすなさん

頭痛も腹痛もどちらも訴えます。最初の1日目だけでしたが。娘が要求する通りのことを「ハイハイ」と言って聞いていたら(まるで赤ん坊です)、その次の日からは、頭痛も腹痛も訴えてはきませんでした。謝るのも考え方が違うというのも、私が娘に謝る、考え方が違うということでしょうか?ずっと娘のことで相談していますが、途中から16歳になってしまったので、また解釈は変わるのでしょうね。今日、学校から、このままでは進級させられないとことをお話ししないといけないので、呼び出しを受けました。親も子も受け止めないといけないということですかね…まだまだ、先は長いです。

2017/11/30 (Thu) 12:47 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

16歳を過ぎているのなら謙虚さや腰を低くするという事をしていないのは本人なのでしょう。でも、16歳になったばかりなら、両方の場合もあり得ると思います。
高校の事は受け止めないとならないのでしょうね。もう、16歳は責任という言葉が本人にのしかかる年齢です。そしてご両親も20歳まではその責任を共にしないとならないのかもしれません。誰も肩代わりはできないんだという事を本人は身をもって知らないとならないんでしょうね。そういう現実なら、もっとポジティブな考え方をもって、その現実に立ち向かう勇気とパワーをもって生きていきましょう。逆境は飛躍のチャンスですから。

2017/12/01 (Fri) 08:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行