fc2ブログ

罰なんじゃないの?

昨日お客様がお帰りになってから、庭の水撒きを終え、水道の栓を閉めるとき、腰を曲げて、

あ!

ぎっくり腰をしてしまいました。重いものを持つわけでもなく、無理な体勢をしたわけでもない。

理由は重々承知しています(^^;

先日LINEでこの話は言わない方いいとわかっていたんですが、勢いで話したことがありました。
自分のことなのですが、報せてはいけない大変重大な話だったのかもしれません。

言ってからヤバいかもな~とも思いました。薄々罰があたるのかもな~とも思っていました。

その翌日夕方でした。仕事が終わってからのぎっくり腰・・・仕事に影響しませんで、そこは感謝
歩くのにしんどいです。その上、右足中指上にビンを落としこれがまた痛いのなんのって。

泣きっ面に蜂とはまさにこれ。

娘が私に「罰なんじゃないの?なんかやらかしたんだね」とご飯を食べながら話しかけてきます。

「そうだね。やっぱりやめとけという事はやっちゃだめね」

「ママもぎっくり腰なるんだね~初めて見たよ」

「いや、あんたが生まれから、一度寝込むくらいのをやって、それ以来、酷いのはないけど。」

そんなやり取りをしてから、ベッドに入って、いやいや、痛い。寝返りがうてない。
寝返りしようとする度に痛くて目が覚める。
「イタタタタ」と言いながら少し位置をずらす。

さすがに、「すみません。明日、彼女に連絡しておきます」と独り言をいいながらまた、寝ました。
朝5時。あれ?仰向けで寝てる?

あれ?痛くない。

あれ?ちっとも痛くない。起き上がってもまっすぐ背筋が伸ばせる。

いや~嬉しかった~。
娘にあんなに痛かったのに、理由がちゃんと分かるとこんなに速攻で治るんだね~と
得意げになっていたら、娘が

「私ぎっくり腰になったことないから、わからないよ。そういうもんじゃないの?」

ガクッと力が抜けた。
「あのね、そういうもんじゃないからね」 天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 0

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行