fc2ブログ

初めから金銭抜きの付き合いがあるわけがない

初めから金銭抜きの付き合いがあるわけがない

加藤諦三先生の言葉です。

本当にその通りだと思います。信頼関係が出上がる前に「ちょうだい」「無料」は無いでしょう。

信頼関係ができるまでには時間がかかります。
この人ならと思っていても、「え?」と思うことがある。
お金がないと言っている人が海外旅行?・・・
無料にしてくれと言っていた人が旅行するお金はある。

信頼関係など作れない。

この人なら信用できる、この人に本当に世話になったという関係ができると、
助けたいという気持ちがわく。色々尽くしたくなる。

でも、山が崩れるかのように一晩で崩れることもある。

勘違いする人がいます。
安くしてほしいと依頼してくる。しかし、そこまで安くする関係が作り上げていないのに、言われた方は、断る。
すると、陰で「あの人はお金のことだけ」と言いふらす人がいる。

お金のことで気まずくなると、必ず「お金がほしいんだ」と言いふらす。
私なら、量販店の店員と話しているわけじゃないんだから、安くしてとか、頂戴というほうが図々しいと思うのだが・・・

国際カウンセラー協会は一般社団法人という法人登録をしています。
要するに、税務署に出入金を報告をしないと、無税になりません。審査されます。

なのに、昔、協会費を取ろうとするなんて、自分の利益のためだと言いがかりをつけられたことがありました。

世間知らずにもほどがあると思うと言い訳すら面倒になるものです。

「お金がほしいんだ」という言葉を発生する人ってどこか底辺が似ている。
損したくない。の底辺が一緒です。

そして、勿体なくて払えないとなる。協会費が勿体ない。協会費で、食事したり、景品出したり、
イベントやったりと色々経費は出ています。参加しながら、協会費は勿体ないと感じている。

協会費が集まらなければイベントはできません。その一部だから協力しようという気持ちがない。

人柄が出ていると感じてしまう。
そういう人が他人の事を話すとき、「お金がほしいんだ」と言う人だったりする。

人柄は会話の端々に滲み出るものです。 天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 0

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行