fc2ブログ

断薬のススメ

医師 近藤誠先生の本に「クスリに殺されない47の心得」という本があります。

108万部以上売り上げの本です。

この先生の凄いのは、製薬会社と密接につながっているはずの医師がこんな本をだしてしまったということです。

製薬会社は医師にうちの薬を患者に使ってくださいと宣伝しまわるわけですから。

先生の本の中に、コンビニより薬局の方が多いと書いてあるのが面白かったです。

先生によると、
「クスリの9割に病気を治す力はなく、症状をしばらくうやむやにするだけです」

とはっきり言いきっています。
「そして年をとるほど、クスリの毒が体にたまりやすくなります」とも書いています。

そして、「先生は、もっと自分の体を信じ、からだの声をよく聞きましょう。クスリから自由になって、長生きするための心得をお話しします」とも書いています。

医師の診察の事もありました。がんもどきなのに、ガンと診断していることもある。

そして「余命三か月は嘘」と言い切っています。

ピロリ菌は胃がんになるから、除去するのに保険適用になりました。
しかし、厚労省はピロリ菌除去でガン予防になるという数値は未知数だから、慎重にすべきと発表しているとも
ありました。

ともかく色々怪しい医師の話がたくさん書いてあります。
抗がん剤をとすぐにいう医師は嘘だと言っています。効かなさも酷いとか・・・(^^;

ともかく、大学病院だからとその先生がいうからには本当だと妄信になる前に、私は心の声を聞いて
病気予防をすることが一番大事のような気がします。

でも、たいていの人は、とても痛くなってから気づくんです。
もっと早くに病院へ行けばよかったと言う。

違います。

もっと早くにからだの声を聞いておけばよかったなんです。
そうすれば、悪化もせずに、不自由もないと思います。 天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 2

sana  

勇気ある先生ですよね。
図書館行って探してみたら近藤先生の本はほとんど貸し出し中でした。

2015/03/08 (Sun) 12:59 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 はい、本当にそう思います。今こういう先生が増えてきました。
本当に今後医療界が変わることを願うしかないですよね。

それより大事なのは、知らないで居ることだと思います。沢山情報を吸収して、自己判断していく事です。
流されない自分になることだと思います。

あの人が言ったからと噂話を信じて、マスコミに踊らされて、本当のことを知らずに他人の言葉をうのみにしてしまう人がどんなに多いかと思います。

悪口にせよ、噂なんかより、自分の目で確かめる。それが一番だと思います。
思い込みに走らないで、フラットな目で見ていく事が大切だと思います。

2015/03/08 (Sun) 14:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行