fc2ブログ

蕁麻疹

皮膚は大抵対人関係が多いのですが、昨日のクライアントさんはちょっと違いました。

「どうも温度差で蕁麻疹がでるようなんですが」

私の息子がそうだったのですが、お風呂から出ると丸い赤いのが身体中にできていました。
医者は温度差蕁麻疹と診断していました。

そのうち治ってしまいましたが。

クライアントさんを見ていくと

私はなんでこんなのが見えるんだろうと思ってしまいました。

手だけが見えてきます。腕が長いです。手は黒っぽく水かきはないのですが、指先がなぜか丸い
人の手ではないのはわかります。その手はクライアントさんの二の腕を触って来ます。

すると次はおなかが白い腕の長い生き物が立っています。猿?え?なんで?
一緒になりたい(結婚)と訴えているのが感じてきます。

ちなみに私は動物の心はわかりません。きっぱり。
でも、なぜかこの時はそう感じたんです。

「猿に何か覚えがありますか?」
「あります」

「あ、あるんですか?」
「近所に猿飼っている人がいたので、よく遊びに行っていました、小中位の時です」

「メスですか?」
「オスでした」

「おなか白い猿でしたか?」
「よく覚えていないのですが、多分からだの色と違ったように思います」

「お猿さんが両腕をつかんでいます。腕から湿疹でないですかね?」
「あ、そうですね。いつも腕から。猿の話をしだしてから、ずっと痒いんですけど」


いやいや、こんな理由の蕁麻疹を見たのは初めてでした。

動物にも霊界のようなところがあります。霊界なのかなんなのかは正直わかりませんけど。
行ったことがないので。

こんな話をするとまた変な事を言っていると思われそうですけど、空間に丸い穴が開きます。
その空間に動物例は入ります。
これが成仏なのでしょうかね。そうなれば、悪さはしないと思います。

動物麗が存在を教えたがる時は、背丈が低い場合ほとんどなので、足に毛が触れたような
感触だったり、ぶつかって来たりってあるようです。
天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 2

sana  

お猿さんに気に入られていたのですね。
リーディングしない限りこのような理由だったとは思いつかないですよねぇ(--;)

2015/05/12 (Tue) 11:31 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 まさか、猿と幼いころ遊んでいたという事があるとは思いませんからね。
ビジョンに不安がよぎりました。

2015/05/12 (Tue) 22:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行