fc2ブログ

名越先生の講座

昨日都内で名越康文先生の講座がありました。

真面目なのにというテーマでのお話でしたが、先生は瞑想は自分と出会うからやった方がいいといいます。

自分とは、心の内側の自己だというのです。心と自己は違うらしい。

心ではいくらでもなんでも思うが本当の自分はそうではないという部分がある。そこを見なさいと。

自己を見つめた時、怒りが自分の中にあるのが分かったら、その気持ちを解放する方法を見つけないとと言うのです。
怒りは自己破壊になるからと。

そして怒りとは依存心であるとも言っていました。

自分に優しくしてくれる、でもしてくれないから怒る。その怒りは「期待通りでなかった」から怒る。
期待を何もしていなかったら、怒りなど起きない。

例えば夫が自分に誕生日プレゼントをくれると期待する。しかし、夫が忘れていたら、妻は怒る。
しかし、息子が母の誕生日を忘れても、期待はなにもしていないので、怒ることはない。

こういった期待外れが怒る原因の大半だとしたら、その人への執着を消すことや流せる行為ができると、
怒りも起きなくなります。

あるいは、気持ちを落ち好かせ方法がわかれば、怒りもなくなります。

これは私もずっと思っていたことなのでとても共感しました。

そして先生は怒りは「みぞおち」にあるといいました。ここが痛くなったり疼いたりするといいます。

からだの声翻訳をしている私にはとても注意深いです。
みぞおちの意味は「想い」です。

胃は堪忍袋です。この鳩尾に胃があります。

忍耐という事ができていないから鳩尾がうずきます。

からだの声がやはりある・・・私は確信しています。 天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 0

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行