fc2ブログ

傷つきたくない

恋愛は悩みがつきものです。
彼を信じていいの?
彼は私を本当に好きなの?

「愛されている」事への関心です。

そして自分は「こんなに好き」と思いこんでいます。

恋焦がれている事と「愛」とは全く違う。
愛は自分を好きなの?という疑問ではなくて、「愛」を喜んでくれているの?の疑問になる。

あなたは私の存在が「喜び」となっている?という方に関心がいく。
あなたは何が好き?
あなたは何したい?
それを私と一緒にしていい?

そんな気持ちから相手を思いやると言う事が始まります。
相手に喜んでもらう行為とは?自分の出来る範囲で相手に関心を抱き、求めている事を行動できること。
相手が喜んでくれたら、自分も嬉しい。同じ喜びが幸せとなる。

愛は育んでいきます。悲しませないようにしなきゃ、つらい思いさせないようにしなきゃと思う事も愛です。

愛されていることばかり気にしているとしたら、相手はきっとその自己愛を見抜いて去っていくと思います。 天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 6

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/10 (Wed) 14:23 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 ほかの人に気持ちが移ってしまったお相手ということですか?
この場合色々考え方ができますね。
お相手の方がどういう理由で他の人に気持ちが移ったのかという事もあるでしょうし。
ご夫婦の場合とか、恋人の場合とかでまた、回答がちがいますし。
待つという言葉も、愛しているから待つなのか、自分が寂しいから待つなのか、依存心なのか、色々な理由が考えられます。
愛しているなら、待ちなさいとはあまり申し上げることはありませんが、愛しているなら、離婚してはいけないとは申し上げています。

恋人ならば、その人で本当にいいのか?とよく考えるべきだとは思いますね。自分は愛していると思いこんでいる場合もありますから。

2015/06/11 (Thu) 13:29 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/11 (Thu) 14:58 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

大抵はその人を好きになる理由があると思います。
例えば共依存のために好きだと思いこんでいたり。
ダメンズを好きになる人もそれなりに理由があります。
何故自分より劣っている人を選ぶのか。
あるいは、浮気性の人を選んでしまう自分なのか。突き詰めれば原因はご自分にあります。

そういう人を好きになる。
そういう人に惹かれる自分はなぜか?です。

浮気性な人は優しいですからね。男らしいと女性が思えばそこで成立します。
要するに彼女だと思うのは本人だけで、その他大勢の人の中の一人なんです。多分、他の女性にも訊かれたら君だけだよと言っていると思います。

そうだと見破るか、その中の一人になるのが嫌ならそういう男性を選びません。

でも、みんなにモテたい男性は皆に優しいし、みんなに同じように接します。そしてみんな自分が彼女だと思うわけです。彼本人もそう思わせて俺はモテると思っていますから。
そういうのを愛と勘違いする人たちが多いと感じます。

一途な人はほかの人にモテたいなんて思わないですよ。モテるようなこともしません。

面倒だと思うほうが普通のような気がします。ならば気持ちがない女性にはきちんとけじめをつけて接するのだと思いますけどね?

2015/06/11 (Thu) 19:57 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/13 (Sat) 11:56 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 ごめんなさい。亀レスになってしまいました。

昔、何かの映画でin loveかと彼女が訊き、男性が頷けないでいたら、彼女は彼を引っ叩いたシーンがありました。

男性はたいして愛がなくても抱ける人と愛がないと抱けない人といるのではないでしょうか?

女性は愛があるから抱かれていると思いがちですけど。

2015/06/16 (Tue) 00:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行