fc2ブログ

自分と見つめ合っていない

昨日心理学の講座に出かけてきました。

その時、お若い方が「他人に対してどういう態度でいいのかが
時々分からなくなる」というようなことを質問されていました。

自分で自分がわからなくなるといったお話です。

その時先生は、「思ったままでいればいいのに」という回答でしたが、
質問の方は多分そういう答えが欲しかったわけでは無いのだろうと
思いました。

思ったままの「想い」がわからなくなるのだと思います。

そして先生はこうもつけたしていました。

「まだ、自分を見つめたことないんだね?もっと静かに自分を見つめる
ということをしていくといいね。」

「禅とかですか」

「禅でもいいし、自分のやりたい方法でやればいいよ」

先生は自分というものを問いてみなさい、そして自分という軸をしっかり
見据えなさいと、いいたいのだろうと分かってくるのですが、若い方は、
その軸というか、本当の自分がわからないのでしょう。

見えない世界の話を言葉で表すことができないのは、宗教哲学にも言えます。

どんなに神と言う存在について語りたくてもその存在に気づいた人じゃないと
理解できません。

心についても同じです。

同じ境遇に立つか、似たような環境とかに入った事がない限り完全に理解
できるものではありません。

感情移入をするという事がいかに難しいかということです。

精神世界を語り始めると奥がとても深くなっていきます。

かつてある先生が「精神とは幼い精神の人には高い精神を理解できません。

神の存在を理解している人が高いと言いたくなるのは、恐らくその部分と
重なるからではないですか?

精神世界のうんちくいう人が高い精神と誤解する部分です。

本当の精神が高い人は低い人をも包む理解力です。

炎上し誇示する人は「どっちが知識がある」「論破する」ということを始めるものですが、
それは知識が高いであって精神が高いとは別問題。

むしろどっちか勝ったの、負けたのは精神が低いといえます」と。

とても分かりやすいですね。

どっちか強いの、負けたの、プライドだの、もっと良いことにプライド使えばいいのにと
私も思います。

ではその精神世界の知識を腑に落とすにはどうするか、軸をどうやって作るかの
問題戻ります。

「ブレない自分」が軸です。

「きちんと判断する力をもっている」「確認するを恐れない」「逃げない強さ」
となります。

例えばとても分かりやすい日常的な事があります。

誰が言ったの、言わないの。酷いの、優しいのといった日常的な噂とかです。

「Aがあなたの事「酷い人」と言っていたよ。気をつけな~」とご丁寧に教える人が
います。

軸がある人はこの言葉に流されません。意図が分かるからです。

人に言われて「気を付けるね~ありがとう」と鵜呑みにして悩んでしまう人は
軸がない人です。

「気にするな」も違います。

真実を追求する心の目です。

味方にみせて、自分だけいい人を演じる狡い人がいます。

見破れと思います。

そしてブレない人はAの事をその噂で心の情報を書き換えたりしない人です。

噂で書き換える人が流される人です。軸ができていないと思います。

「自分の本当の心を理解する」妄想癖があるのなら、是非行ってほしい。

追いつめて答えを出してみるを自分一人でやってみてほしいです。

多数決で決めたり、〇〇に言われたからで決めるのではなくて、
自分に向き合って導く勇気を持ってほしいです。

訓練でできます。弊社で行っているセルフヒーリングはここに結びついています。

だんだんブレない自分が出来上がってきます。
天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 2

くぅ  

私は今まで、ありのままの自分で人と接すると必ず沢山の人たちから嫌われ、憎まれ、そして排除され続けてきました。

過去に会社をクビになったことすらあります。私の態度が気に食わない…確かそんな理由でクビになってしまったのです。

そんな私の態度は、私の中でのありのままの私のうちの1つでした。でも、それが原因でクビにまでされた…。

私はいよいよ、人と関わる事を本格的に避けるようになりました。

人はありのままの私を受け入れてなんかくれないじゃないか。私がありのままでいると、みんな私に難癖をつけてくる。仕事も一生懸命頑張ってきたのに、態度ひとつでクビにまでされてしまった。

お願いだからこれ以上私を攻撃しないで。私を不幸にしないで。私の自由を奪わないで。私をひとりにさせて。私にケンカしか売れないなら私のことなんか構わないで欲しい。

そっとしておいてよ…邪魔しないで…。

私はただ、毎日平凡に好きな事して美味しいもの食べて、ひっそりと生きていきたいだけなの…。

と、他人に対していつもそんな風に思ってました。

じゃあそんな私が他人となんとか関われる時というのは、ありのままの自分を押し殺して綺麗事を言ったり、優等生のフリをして演技をしてる時だけでした。

常に笑顔を保ちつつ、綺麗事や無難な事しか言わないので、演技をしてるうちは表立って嫌われる事は格段に減りました。その代わり演技をしているだけなので個性がないですから、嫌われはしない代わりに、これと言った親友も特に出来ず、単純に食べ友達とか、相手が困ったり愚痴りたくなった時の都合のよい聞き役係に任命されたりとか、とにかく私は《都合のよい人》というポジションでしかありませんでした。

そして、私は自分の事がどんどんわからなくなってしまいました。あなたはマネキン人形に似てるね…と沢山言われていた時期もありましたが、私は本当に生きたマネキン人形だったと思います。

そんな私がありのままの自分を取り戻す大きなきっかけとなったのが、はすなさんの《セルフヒーリング》だったのですが、これを経て今私が強く感じる事を書きます。

ありのままの自分・本当の自分を取り戻すにはまず、自分の中にある心の汚れを洗い落とす作業をしなくてはならないと思うのです。

つまり、ありのままで他人と接してるのに嫌われてしまう人は、心の汚れがついたままの状態だからなのでは?と思いました。

その汚れは何かと言うと、私が思ったのはまず、思い込み、妄想、我や欲、自己愛(自己中)、執着、妬み恨みだと思うのです。(他にもまだまだあるような気もしますが…)

その為には、自分と向き合うという作業が必要にもなると思うのですが、私は他人の気持ちがよくわからないタイプなので、逆に私が他人から何か言われるたびにショックを受けたりムカついたり傷ついた感情から逃げる事をやめました。

あの人からこんな事言われて私ショック受けたから、じゃあ私は他人に同じ事を言わないようにしよう…と、そうやって沢山傷ついてショックを受けてムカついた数だけ自分の心と向き合い、それが他人の気持ちとも向き合う形に繋がるのではないか?…と、そんな風に取り組んできました。

そして、自分の中から思い込みや妄想を取る作業も頑張りました。何でも悪い方に置き換えて他人を憎むのではなく、物事の原因を見つめる努力をするよう取り組み続けました。

そして、少しづつ少しづつ物事の原因を見据えつつ、人の気持ちも理解しはじめて良い感じだったある日、とある事を期に突然重度の対人恐怖症に陥り、今度は人が怖くなってしまいました(今までは人が嫌いだったのですが、今度は怖くなったのです。)

私という人間はやはりどう頑張っても人と関われない運命なのか?と、とうとううなだれてしまった頃、はすなさんのセルフヒーリングの授業がきっかけで一気に対人恐怖症を克服しました。去年の夏だったと思います。

それから現在の私は、プライベートではたとえ初対面の他人といても、飾らず気取らずありのままの自分で楽しくいられるようになりました。

今では、過去に私を利用していた人たちは私から去りました。ただの飲み友達・食べ友達だった人たちとは不思議と本音で話せるようになり、今では本当の友達だとお互いが思いあえるようになりました。

私が人生で困った時、手を差し延べてくれる人がこんなにも沢山いる事にも気づかされました。

今年の春から新しい職場で一から働いてますが、私がどんなに仕事がわからなくても仕事が出来なくても、私の成長を願ってサポートし続けてくれる、あたたかい社員の人たちに沢山出会う事も出来ました。

ただ、悪い世界の人たちはやっぱ私のことを利用したり攻撃してくるけど、だからこそわかりやすいので、なるべく関わらないように気をつけています。

はすなさんも書いてましたが、最終的にありのままの自分でい続ける為には、物事を見極める目とブレない軸が大きなポイントだと私も強く感じています。

どんなに心の汚れを洗い落としても、私たちは物事を見極める目が狂うと、やはり悪い方に流される気がします。そして自分の軸がブレるのかな?と感じました。

そうやって、結局心が再び汚れてしまうと思います。

最後に私が今回一番書きたい事は、私みたいな汚れた心の人間でも、その汚れに気づいて直していけば、最終的にありのままの自分のままでも沢山の人と楽しく幸せな関係を築く事が出来るという事です。

そして、はすなさんのセルフヒーリングの授業は、ありのままの自分を見つける大変大きな手助けになります。

これをお読みの方で、昔の私みたいにありのままで接してるのに他人から嫌われて人間関係に悩んでる方や、そもそもありのままの自分がわからないという方、対人恐怖症の方などいましたら、ぜひはすなさんのセルフヒーリングの授業、受けてみませんか?

私がもしはすなさんと出会ってなかったら、間違いなく今頃は精神病で一生お薬を飲んでたと思うし、生涯孤独だったと思います。

2015/07/26 (Sun) 19:50 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 ありがとうございます。ものすごく沢山書いてもらいました。汚れた自分を認められない人が多いです。それを受け入れられないものです。あるいは、開き直る人が多い。

ちゃんとそんな自分は嫌なんだ、直したいんだ、どうしたら自分らしくなれるんだということに目を向けないとならないですよね。本当の自分・・・ブレない、逃げない、イラッとしないということなのかもしれませんね。素って抵抗がない事を言うんだと思います。

それはポジティブな受け取り方ができると言う事になります。

今のくぅさんはとても明るく笑顔が増えましたよね。人と話せなくなりましたと言っていた時と別人の様です。
今は周りに人が集まっているだろうな~と予想がつきます。

本当の自分でいて、それでもあなたが大好きよと言う人に出会えるチャンスを見つけてよかったですね。

2015/07/26 (Sun) 23:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行