fc2ブログ

嫌だけど「する」から運が向く

昨日テレビを見ていたら、欽ちゃんのトークがありました。

「僕の人生は嫌だと思ったことをすると運が向くね。それを知った人生だったよ」

とお話していました。

「最初は二郎さんが嫌でコンビ組みたくないと思ったけれども、組んでみたらこんなにいい人いないと思ったよ。

二郎さんの事があってからは、嫌だと思ったことをしてみようという姿勢になったんだよ。

司会が嫌で、話が来たら断ってくれと言っていたんだけど、一度どうしてもとやってみたら、僕の「進行しない、進行出来ない異質の司会者」が受けてね~。当時毎週5本の司会の仕事をしていた。

酷いんだよ。

当時はアシスタントが居ないのが普通だったんだけど、僕の時には女のアシスタントに付いもらって、二人で始めたんだ。

進行出来ないから、「次の人誰だっけ?」とアシスタントに名前とか紹介を振っていたからね~。

そんなんでドカンと売れちゃったんだよ。

それからというものは嫌だと思ったことをすると運が向くんだって知る人生だった」

といったような内容をお話していました。

嫌で避けたがるのが普通な思考ですけど、「いやだけど、やってみる」と意外に上手くいく。

期待して楽しそうと思ってやるのとは違う発想ですけど、結果未知なる可能性とか、才能が見えてくるのかもしれませんね。

いやな事は誰もしたくない。だからいいんです。欽ちゃんは出来るように学んだんではないんですよ。

上手になろうとしたのではなくて、ありのままの自分を受け入れたんですよね。

不向きだからと司会の仕事をしなかったら、「視聴率100%の男」はこの世に存在しなかったでしょう。

確かに「スター誕生」は印象が深かったです。

私も人見知りです。人に声を掛けられないです。話し出すと止まらないのにね(^^)

この仕事をしている自分が嘘のようです。 天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 0

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行