fc2ブログ

心の痛み

失恋、死別、離婚、親しい人の病といった、悲しい、苦しい気持ちの事を心が痛く感じてきます。

悪化する人、立ち直る人と分かれます。

悪化していくとうつ病になっていきます。

うつ病になると、体調も悪くなり、あちこちが痛くなり不健康になります。

頭痛、肩こり、背中の痛み、疲労感、虚しさ、イライラ、食欲不振、不眠の日々が続くようになっていきます。

心の痛みから引き起こすからだの悲鳴は動けなくなるまで続きます。

周りの人は見た目が何も変わらないので、病だと認めない人もいますので、ますます苦しんでしまいます。

どうしてこんなことになるのか、リーディングしてみました。

幸、不幸の落差が激しいほど心の痛みは大きいです。喪失感、死への恐怖、環境の悪化は一転してしまうからでしょう。

見えるビジョンです。

沢山のの毒キノコが飛んできます。

嫌いな胞子を出す毒キノコがそのままの形で、ある場所からこちらに機関銃のごとく飛んできます。

ぶつかるとからだの中に入り込んでしまう。

毒が体に入っていく・・・これが病の原因

ある不幸な出来事の時に出てくる毒キノコ・・・子供だましのようなお話ですが、リーディングはこういうビジョンが見えてきます。

このビジョンから解釈が入ります。

人は大概、人のせいにしたがります。この時、機関銃さえなければと思います。

もちろんその通りなのですが、それを無くすことは今の自分にできますか?

出来ないから悪化してしまうのです。

この時自分が変わる事です。

自分に目を向けましょう。

丈夫な人は毒キノコがからだの中に入る数が少ないです。
入りづらい。

反対に、うつ病になる人は沢山体内に入っていきます。

こんなに差があるのなら、毒キノコが入りにくい体にするしかないのです。

どういう人かというと、自分から行動していくことです。

立ち止まらない、能動的になるということで変わります。動くから命中しないのです。

逆に入りやすい人は、相手の態度に敏感体質です。

言われやすい受動体質ともいえます。

受け身の体質なので毒キノコを全部吸収してしまうのです。

じゃ、受動体質から能動体質へと簡単に変換できればいいのですが、そんな事はできません。

普段から毒キノコにやられない心と身体を作り上げておくのです。

心の訓練が必要になります。

自分の心の体質を知って、弱点を好転さていくしかありません。

認知行動学を理解してくると見えてくる自分の姿と変わらなければならない方向性が見えてきます。

あとででもいいや、今度、傾向が出てきたらでいいや、そんな時間ない、お金がないという人は、自分を大切に時間をかけたり労わったりしないからうつ病になりやすい人の傾向とも言えます。

物事を後回しにする人は能動的になれません。隠れ受動態です。

能動的になりましょう。楽しみ方を知りましょう。嬉しい事に敏感になりましょう。

してくれないじゃなくて、やりましょう。自ら、やってあげましょう
人は黙って見ているんです。共感を得る人が寄ってきます。

そうすると周りが変わります。

話しかければ応えてくれる友ができます。

友がいれば、協力者が出てきます。笑いが出てきます。

だから、してあげましょう。自分がしてもらいたいことを今度は自分からしてあげましょう。

物事の考え方を変えていきます。セルフヒーリングはそんな事を教えています。
http://try-cs.jp/index.html 天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 2

シークレットさん  

両親がいないとよく苦労したのねーといわれますが、母は昔は行動的なので、苦労知らないで育ててもらいました。よく考えたらよく動いてましたね。毒きのこに当たると弱るとかゲームのスーパーマリオみたいって思いました(^^)プログラマーとか、上かどこかはわかりませんが、繋がってますね。ファイルファンタジーでも何章か忘れましたが、月が二つの世界もありましたし。奥深き話しでした。私も長くあそこにいたらやばかったのかもしれないので、結果良かったかも。

2015/08/14 (Fri) 20:07 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 お母さま素敵ですね。スーパーマリオとかファイナルファンタジーのお話も、あらま~と思っています。ゲームは苦手なので、どんなのか分からないので、すみません。

2015/08/15 (Sat) 22:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行