fc2ブログ

下流老人と言われないように

下流老人と言われないように

生活保護は今や65歳以上の78万6634世帯(受給世帯の約48%)が生活保護を受けています。
生活保護を受けないと生きていけない人達です。

特に女性の老人一人暮らしは想像しても怖いものがある。

藤田孝典著の、『下流老人』というのがあります。その中で高齢者が貧困に陥るパターンを五つに絞っています。
【1】本人の病気や事故により高額な医療費がかかる
【2】高齢者介護施設に入居できない
【3】子どもがワーキングプアや引きこもりで親に寄りかかる
【4】熟年離婚
【5】認知症でも周りに頼れる家族がいない

私はその他に

高齢の家のローンの返済不能

働いている時は1000万円の所得があり、家のローンも払えるだろうと買って、払えなくなったら売ればいいと思っていても、購入価格より1000万円低いとなれば、家そのものはなくなってもローンは残る。

ご主人の保険が数億円かけているなら、いいですけどね。

1千万円じゃ、残りの人生数年で底がつきます。

もう一つには、貯蓄不足というのも下級老人の道にはいることでしょう。

長男がいるから大丈夫という時代ではないのはわかり切っています。

政府がなんとかするというのも当てにならない。

各自が将来を考えないとならない。

しかも早くからそれを想定して実行している人が勝組になるのだと思います。

数億円稼いでおくか、老人でもお金が入る仕事をしていくかですね。

病院に通っているのではなくて、一人でも丈夫な体づくりも気にしていくことだと思います。

それには、人との関わり、仕事や知識、健康の3つが健全であることでしょう。

認知症の親を抱えて仕事を辞めなければならないという日が突然来るかもしれません。
のんきに構えていられないのが40代~60代の人達だと思います。

早くから準備を考えましょう。
天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 0

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行