fc2ブログ

怠惰の気持ちをどう直すか

怠惰になる自分が時々いますよね。

面倒くさいという気持ちです。

「まだいいか・・・」これが曲者。

神のリーディングをしていくと、をを~です。

「泥のぬまに足がとられてしまいました。
両足が思うように歩けないから立ち止まります。

そうすると少しずつゆっくり沈んできます。
まだ、この位ならもう少し休めるな~

という気持ちが働いてしまうと危険信号。

そのうちに靴がすっぽりと隠れ、足首が浸かります。

まだ、足が抜ける。これくらいならもう少し、大丈夫。

そのうち膝までになるとなかなか抜けない。

あれ?抜けない。力がかなり入れる。疲れる。

こんな疲れるなら、もうダメ。

太腿まで行って危機感がくる。

そして腰までつかって、生きていけないかもと思う。

この状態が怠惰の結果になるようです。」

この泥沼に入らない人生とは絶対に言えない。

いや、毎日この泥沼との闘いではないだろうか?

だって、眠さに勝てないとか、終わらないから明日でいいか、とか。
かったるいだの、頭痛いだの、なんだかんだと怠惰のきっかけが出てきます。

この時、足元はもう土からヌルヌルに変化していく状態です。

どうしたらいい?

高級な靴を履くこと。

これはきっと現実にも言えているような気がします。

安くて、丈夫なのはいいけど、合わない靴もあれば、汚れても平気と思う靴がある。

でも、高級で、気に入っていたら、まっいいかにはならない。

そういえば仕事できる人か、お金持ちかは、靴を見ろといいますよね。

高級な革靴を履いている人、確かに目を見張ります。

そういえば、思い当たる人います。

普段から洋服も靴もきちんと支度をすることだと思います。

汚れてもいい靴ではなくて、綺麗に履き続けたくなる靴は心にもつながるようです。

家なら、スリッパも含むかも。



天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 0

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行