fc2ブログ

波動、波長を高くするとは何か

波長とか、振動とかをスピリチュアル用語で使います。

相手と波長が合う、合わないと言います。

気が合う、合わないという事に繋がります。

その波長を上げるといえば、レベルの高い人達の事ではないでしょうか。

私も事細かに区別しないで、ごちゃまぜに使ってしまう事があります。

気をつけたいことがあります。

物理的な事の表現では、波長は長さですから、高くするという言葉は当てはまりません。

色や光で使います。

振動は数です。

周波数とか電磁波などに使います。

では、振動と波長の関係性とは何か。

それは波動の一部です。

波動は振動、周期、振幅、波長、波数があります。

実際「石」には、ジリジリと感じる振動があります。バイブレーションです。
敏感な人はわかると思います。私は放射線が沢山出ているものは、持っていても気持ち悪いジリジリ感があります。

でも、色もついているので、波長も出しています。色に温度差があると盲目の方が教えてくれたことがありますが。

波長が短いほど、振動する回数は多くなります。
エネルギーは振動数に比例します。
しかし、エネルギーの計算では、大きい数値はX線やガンマ線紫外線です。身体に悪いものですね。

個体の人間にも波動があります。

その人間の波動を変化させるとすれば、より良い波動にしたいと考えるのがスピリチュアルです。

それを高い波動という表現になったわけです。

負の力、悪いエネルギーという表現があるのなら、悪い波動、低い波動という言葉もあっていいのではないでしょうか。

言ってしまえば、物理的な表現ではないですが。

物理学的にしか言葉尻がとれないとしたら、それはかなり頭が固いような気もします。

相手が何を言わんとしているのか、わかってあげようと話を聞く人と聞かない人がいます。

同じ議論をする場合も、揚げ足とりの程度の低い議論ではなくて、
言いたいことを理解しながら、議論出来る方が楽しいと思います。

私は物理の話も大好きです。

スピリチュアルを理解しようと話してくれる人が好きです。

波動が高いという言葉を使うならば、スピリチュアルの人も、きちんと知識をもって使わないといけないのかもしれませんね。
天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 0

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行