fc2ブログ

父親からして我が子ではないとわかるDNA

父親からして我が子ではないとわかるDNA

多くの男性が小遣いでできる時代になってきました。

これからさらに利用者が増えるだろうと想像ができます。
何せ自分の子供という証拠になるのだから。

しかし、何十年も一緒にいて、我が子かどうかどうでもいいとは思わないものだろうか?
と問いかけたくなるのですが。

人によりけりと言えます。

目的がいろいろだからです。

我が子の証拠として、記念にと思う人もいれば、疑いをはらしたいと思う人もいます。

女性の場合は自分の子供かどうかは、病院で入れ違いされたこと以外あり得ないので、もし、自分の身にそういう事が起きたと想定した場合、事実を知りたくなるかということになります。

自分の場合、疑わない限り検査はしないと思いますが、それでも疑う時、今その子共のDNAをとるだろうか?という話です。

取るかもしれない。

そんな気持ちになります。事実を知る。何もかも受け止める覚悟を決めてからですけど。

子供自身も承諾することになります。

子供が嫌だというのなら、子供の気持ちを優先したいですが、子供も本当の親か?と疑っていたとなれば、事実を知りたいと考えてもおかしくないかもしれません。

血のつながりとは凄い力があるのだと思います。

本当の子供を見つけたい、本当の親を知りたいという衝動になるのですから。

かつての私ならそんな事をしても、今までの親子関係にヒビが入る事をすること自体倫理に反していると言いそうでした。
いや、他人事ならきっとそういいます。
深く本人の気持ちになれば、そう思えて諦めきれるなら最初から悩みはしない。わかったふりするなと思うでしょう。

でも、もしも、自分に降りかかった時を考えると、本当の子供を探さないとは言い切れないような気がしてしまいます。

見てみないフリで生きていく事を選択するわけですから。

背負いこむ気持ちで検査すると思います。

もしも、入れ替えられていたとしたら、本当の子供は今幸せに暮らしているのかが気になって仕方ないと思います。

不幸せなら引き取りたいと考えたくなります。その衝動的思考をしてしまいそうです。

逆なら、子供を渡さなければならないと思います。やはり本当の親が権限あるのですから。
この時、「子供の気持ちを優先に」となるものなのでしょうかね?

もっと根本な事を言えば、本当の子供じゃないかもしれないと疑った時点で、倫理に関与していると思います。

病院を疑う、伴侶を疑うことが、そもそも、傷をつけてしまう、まして態度に出ていないとは限らないからです。

例えば「本当に自分の子供だかわかったもんじゃない」とか「そんな子供はママの子供じゃない」という言葉を発しないとは言いきれないからです。
そしてその疑いは子供のみならず、伴侶も、自分自身も傷つけていることになります。

だから疑いで終わらせないで、しっかり事実を受け止めてみる。

そのうえで、もしもの時、今まで同様変わらぬ愛で愛していく事ができるかを試されているような気がします。

手軽にDNA鑑定ができるようになった時代になりましたが、妻自身も夫の子供じゃない事がわかっている人もいます。

今更、ご主人がその証拠を取りたいと言ったとき、夫婦の愛の真実とは何かを問われる、そんな時代になってしまいました。
天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 2

波蕗  

こんにちは^^

ニュースのソースを忘れたのではっきりとは書けないのですが、1ヶ月くらい前ニュース?ヨーロッパのある先進国のこと。生まれた子供と父親に血縁関係がない割合が7人に1人?だったか?
驚愕しました。
日本のDNA鑑定機関での調査依頼結果も、2割ぐらい血縁関係がない、とこちらもニュースで読みました。

事情はどうあれ、子供に罪はないですよね。
知ることで子供の立場が揺らいでしまう。
先日の芸能人元夫妻の裁判騒動も、相当お子さんを傷づけたのでは?

とても難しい話ですが、もしも相談を受けたとき、どう答えるのがベストでしょうね。

2015/11/21 (Sat) 16:46 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

難しい問題ですね。ご両親の性格によっては、薦めるし、または、止めることもあると思います。

ご夫婦が事実をどう受け止められるかという問題ですから。

子供に知らせるかどうかという部分にもなってくると思います。

私が子供なら、知りたいと思います。
子供の年齢もあるし、夫の器の問題も出てきます。

夫婦のあり方次第だと思います。

父親が違うという事があり得てしまうのであれば、妻の覚悟もですが、夫が家族に対してどう対処できるのかが一番大切になります。

大抵は仕方ないよ。と簡単にはいかないですよね。中にはその男に養ってもらえとか言う人もいるだろうし。

知った後どうするかがはっきり決まってから子供への対応になる順番ではないでしょうか。
子供が傷つくだけじゃなくて、夫婦も傷つくわけです。

大人が子供を守るのは当然であり、結局は親の人格によるものではないでしょうか。

最悪、母親は子供を引き取って離婚することもあり得るという覚悟は必要でしょうね。そのことは伝えたいと思います。

2015/11/21 (Sat) 17:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行