fc2ブログ

不器用だからできないという言い訳

不器用だからできないという言い訳

不器用といえば確かに「仕方ない」という気持ちになりますね。
でも、狡い言葉だと思います。

不器用なために誤解が生まれる。
不器用なために意思の疎通ができない。

その不器用な人は相手側に更に一層の努力をして、酌んでくれと言っているんですよね?

その努力にも限度があると思います。

底なし沼のようにまだか、まだかとなれば、酌むことがいつか嫌になる。

不器用な人はいつも通りに不器用だからで通用する。

でも、本当の不器用な人は、「不器用と言えない」人なのです。

そういう人は相手の不器用に振り回され、ヘトヘトになり、まだ終わりがないという状態でも、相手は知らん顔で「不器用だから」と言い訳される。自分より先に「不器用だから」と言われてしまう。

「自分の方がもっと不器用なんだよ、もうやめてくれ~」

というのは潜在意識だけで叫んでいる。
顕在意識では、自分がもっと頑張らないといけないのかしら?と不器用ながらも努力しています。

振り回されている方の努力不足ではありません。

対等な立場になっていないというだけです。

不器用だからといって傍若無人に振る舞う性格の人に、恐らく誰もがその人に合わせる事ができないことでしょう。

そして「不器用だ」と不器用すぎて言えなかった人も努力が足らないのではありません。

親を求める付き合いしかできない人とパートナーとして必死に不器用でも努力した人との関係だったのです。

「求めるパートナー」が違うのです。

不器用だという言い訳する人は、思いやりや親切を含んでいるとは思えないです。

自分は何をしてもいいんだ、だって不器用なんだからとしか聞こえない。

本当の不器用な人は「不器用すぎて、不器用とすら言えない」のです。

傍若無人に訊ねたい、そんな自分とそっくりな異性だったら、「その相手を好きになりますか?」「面倒くさくて好きになれない」というのなら、他人もきっと同じ気持ちになることでしょう。

少なくともそう気づいているならまだ救われます。

不器用で不器用とすらいえない人に言いたい。

その必死で生きていく力をもっと自分に優しくしてくる人に注いでほしい。

自分を責めるのをやめてほしい。
天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 6

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/18 (Fri) 14:53 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

いつも読んでくれてありがとうございます。

本当の弱い人って言える人じゃなくて、一生懸命耐えている人ですよね。

それが強い人程、堂々と弱いというから、変なことになる・・・私も同じ意見です。

2015/12/18 (Fri) 16:50 | EDIT | REPLY |   
シークレットさん  

いつか不器用だからで済まない時期が必ず誰にもきます。不器用ながらに努力するいかないと本当に何もできない人に。いつも的確なメッセージありがとうございますm(_ _)m

2015/12/18 (Fri) 17:37 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

気づきって大切ですね。

不器用だからと「言える人」は努力しないから、成長しないけど、「言えない人」は絶えて努力しているから成長しています。

いつか「言える人」と釣り合わなくなると思います。
不器用ながらに努力する人は「不器用と言えないくらい不器用な人」です。

2015/12/18 (Fri) 19:57 | EDIT | REPLY |   
波蕗  

こんばんは^^

私も不器用なので、この記事にとても共感しました。
だけど不器用だからで済ませたら成長がない。
そうなんです。
できないままで終わってしまいます。
誰しも努力することで変わることができるはずです。
不器用だからダメだとか、才能ないとか、価値ないとか、そんなことないです。
努力できるという最高の宝を持っているはずですから。

2015/12/19 (Sat) 00:34 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

「だってできなんだから仕方ないじゃない」という言い訳は、自分に優しく、他人に失望を与える言葉ですよね。
他人に希望を与える人に人は好意を抱くものだと思います。

2015/12/20 (Sun) 08:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行