fc2ブログ

言葉で言えない気持ち

言葉で言えない気持ち

友人のご兄弟がニートで、「親が甘やかすから」といっていました。

そして「ライオンが崖から子供を落として這い上がる」事をしないからいつまでもあんな風になっているんだと話していました。

私は「そんな事をしたら死んじゃう」と言っていました。

友人親と同じことを言っていると驚いていました。

私の従弟もヒモのような生活をするか、家の引きこもりしかできないのがいました。
おばあちゃんっ子で、泣き虫な従弟でした。

そして親戚中揃って、「甘やかしているから」と言って、叔母や叔父を非難していた時代がありました。
勿論、私もその一人でした。

叔母は「生きていてくれるだけでいい」と言っていたことがありました。

その当時はわからなかったのですが、今ならわかります。

無理強いなことをしたら「死んでしまう」事を予想していたのだと思います。

男の人はとても弱いところがあります。女性とかなり違います。

長女、長男に対して、私はわかってあげられないダメな親でした。

子供の気持ちを理解できなかったのです。

離婚して、生活していくために仕事優先にしていました。

専業主婦だった私は、離婚同時に外で仕事をすることになります。

子供は我慢を強いられていました。

息子は特に甘えっ子で私から離れないような幼少時代だったのです。

甘えたかったと思います。傍に居て、一緒に寝てと甘える子供でした。

大人になって息子は仕事が長続きしませんでした。

何度も叱り、何度も「出ていけ」とはねつけたのですが、
彼は私に「帰る場所がなくなるのは嫌だ」と大人になって私に涙を見せました。

その時にこの子は愛されたいんだ。

まだ、子供なんだ、大人の体なのに、心は成長しきれていないというのがわかりました。

こんな時に「無理やり一人暮らし」をさせたら、この子は「見捨てられたと思うだろう」というのがわかったのです。彼が25歳の春でした。

それから、私は今までの態度をやめました。

甘やかしていると非難されてもいい、育て方を失敗したと言われてもいい、「大切にしている」という態度でこれからは接しようと決めた時でもありました。

27歳になろうとしている息子に「可愛い」というのも変ですが、毎日、彼の部屋に入り、毎日彼の世話をしています。

もう、子供扱いするなと言われるまでやり続けていこうと思います。

守っているのではありません。一緒に生きようって感じです。

私が後悔しないように沢山愛そうと思ったのです。冷たくしていた時代を取り返そうと思います。

時々、私も怒ることがあります。

その時、息子は不貞腐れます。

プイッと私も「もう、知らない」と鼻息荒くしても、「やっぱり、これじゃいけない」と思い、彼の部屋に入って涙を溜めながら「仲良くしたいのよ」と縋っている自分がいました。

こうやってだんだん私が頼るようになった時、「自分が人から必要とされている」とわかってきた時に自然と旅立つのかな~とぼんやり考えています。

世間の目は、〇〇じゃなきゃダメ、〇〇にしないとダメ、そんなひな形を押し付けて、子供を強くさせる事ができると錯覚していないだろうか?
彼に「親から見捨てられた」と思わせることが、果たして本当に強い子になるのだろうか?

私は疑問に思います。

今は、私の会社で彼は仕事をしています。

まだ、彼に託せるほどにはなっていないけど、彼は彼なりに、きっと手ごたえを模索しているのだと思います。
天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 5

きらきら  
泣ける

朝から、何度も何度も、このブログの事を考えてました。

ニートは、理由があるにせよ、居場所があるからニートが成立すると思ってました。(私の弟もそうでしたので) でも、心の居場所が無いんだと解りました。

登校拒否ってた頃の私と同じかも…

私も「無理させたら死んじゃう。」と思います。 自殺や自傷行為ではなく、身体が生きるのを終わらせる方向にすると思います。弟がそうだったから…今、気付いた(涙)

息子さんは、はすなさんの子で本当に良かったと思いました。

2016/01/05 (Tue) 22:25 | EDIT | REPLY |   
みな  

感動しました。
よく気がつけましたね。流石です。

はっとさせられました。


自分を貫く姿勢も素晴らしいと思います。
いつかお会いしたくなりました。

2016/01/05 (Tue) 23:10 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

きらきらさん
ありがとうございます。

弟さん現在いかがですか?
幸せも不幸も自分でつくるものですよね。
ものさしも自分用のがあります。他人が幸せにしてあげることができないから。


みなさん
ありがとうございます。
いつか、どこかで、是非、実現させましょう(^^)
来週火曜日13時からYoutubeliveをしますので、もしも、ご都合が合うようでしたら、ご感想をお寄せください。告知は近々行います。

2016/01/06 (Wed) 13:21 | EDIT | REPLY |   
tamotsu  
そうなんですね

うまく言葉にできません。泣けてきます。
うちの息子(17歳)も、そうなんだ…と思えます。高校も中退するかもしれない…と思うほど、休みが多くて、勉強もせずにゲームばかりしています。
でも、父親とけんかしたり、姉とけんかしたり、カーッとなるけどそのあとの凹み方が「なんで自分はダメなんだ…」ってところが見えます。

厳しくしたり、なだめたり、いろいろとここ何年もやってきて、半分諦めながら、多分ほかの子供たちには「甘やかしている」と思われてるな、と思いつつ、その都度こちらがカーッとならないように付き合うしかない…と思ってきました。でも、そうじゃなくて「大切なんだ」が必要なのかもしれません。私は、そこまで行ってない気がします。だから足りないんだって思いました。

心から、そう思って息子と接することができるように、今日からやってみます。
母親は私しかいないのですから。

ありがとうございます。

2016/01/07 (Thu) 22:56 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 実は上の娘も私はとても大変な思いをしました。
不登校になったからです。
叱りました。取っ組み合いの喧嘩もしました。絶対に負けない。死んでも負けない。

喧嘩に負けたら、この子は絶対に言うことを聞かなくなると思いました。

そして毎日喧嘩でしたが、辞めさせるわけにはいかないという気持ちで、それこそ、毎日が戦争の様でした。

一番に彼女に世話をやいた時でもありました。行かないから車で送りました。

一生分の世話をしたと思ったくらい彼女ととことん付き合いました。

結局、家に帰らず、単位が足らず、その高校では卒業できず、私は高校では顔なじみになりましたから、先生になんとかお願いして編入手続きをして、卒業したのですが。

その時、私は諦めたらいけないと、ずっと子供と闘ってきました。間違っているのはあなただと言い続けていました。

高校卒業させた時、もう、愛には悔いはないと思いました。

不足していた愛情をこの短い時間に全て出し切ったと思った時でもありました。

今になって「良く泣かされたな~」と娘に話すと、「ママはよく泣いていたね」と笑い話で懐かしい思い出となりました。

真面目に働いています。7月にはその子も母になります。

大切な子供だから、本気なんですよね。
戦う時は傷だらけになっても戦いしまた。

心が弱っている時には、理解を示しました。

子供がどんな気持ちなのかを理解できる親御さんになることだと思います。

ダメ親だったので、とても偉そうなことは言えませんけど、何を考えているのかわからないという親御さんにその子は親に愛を感じるでしょうか?

生意気なことを申し上げてしまいました。申し訳ございませんでした。

2016/01/08 (Fri) 02:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行