fc2ブログ

老人になると異次元と通じやすくなる

老人になると異次元と通じやすくなる

先日認知症の人とお話をしました。
お話していて、とてもしっかりなさっていて、認知症だと思いませんでした。

でも、ご自分で少し認知症の様だとお話していらっしゃいます。医者の診断だそうです。

その方が、虫が見えるというお話を伺って、幻の虫がいるのは、
三次元の目では見えません。

この三次元も沢山の次元と重なっていると私は思っていて、
その異次元との間に虫がいるのです。

言い切るから私をボーダーの人と思うのかもしれません。

ご老人の方は見ているものが、夢か現実か幻の区別がつかない
ともお話していらっしゃいます。

わかります。今までの次元を見ていたのとは違う世界ですもの。

信じられない世界を見てくるから、整理がつかなくなるんです。

私のように意識して見てくると、虫がいるのも知ってます。確かに見えます。
勿論普通では見えません。虫がいるところに意識を合わせると見えます。います。

知らない人はそんな事言う私の事も、そしてそのご老人の事も、頭が変になった
認知症だ、きちがいだというのでしょう。

ま、そんな事はどうでもいいのですが。

でも、そのご老人のように、リーディングしたことない人は、何も
意識していないのに見える事に戸惑います。

そして、今までそんな世界なんか信じていないのに変なのが見えてしまうから、
なんで、皆見えないんだ?これは現実ではないのか?となってしまうのです。

認知症というより、多次元に意識がいくから変になってしまったと思われてしまうのです。

リーディングさせていただいて父の事を思い出しました。

脳梗塞で他界したのですが、倒れる数か月前に父と二人で夕食を取っていた時、
父は箸でおかずが取れませんでした。

つついても、つついても、そのおかずが刺さらない。

しまいにはお皿に指を突っ込んで、指をチョキにして取ろうとしていました。
あの時、リーディングが私にはできなかったので、「頭がおかしくなった」としか
思わなかったのですが、今ならわかります。

意識の部分と脳神経の部分がずれているから何重にも見えてしまう。

リーディングしてみると、頭だけが前後に二重に見えます。
目の位置が前後の2つになるのです。
要するに4つの目で見てしまうのです。

なぜずれるか・・・

それは、老人は他界するための準備を始めているからです。

からだから精神が抜けやすくなるというか、すっと違う世界に行きやすくなっていきます。

亡くなる心の準備をしていくのかもしれませんね。
もちろんすぐに亡くなるわけではありません。
何年もかけて準備をしていくのです。

何度も、何度も違う世界を見ていくうちに、先立たれた人達とも会うようになります。
お迎えに来たと話すのも、そういう人達と何度も会うからだと思います。

もうすぐ自分は死ぬというのはわかるものなのかもしれないなと今は思います。

覚悟が決まってくると、他界することに怖さもなく、次の自分がやるべきことは
そっちに行ってからなんだね~って思うような気がします。
天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 3

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/24 (Wed) 23:21 | EDIT | REPLY |   
white bird  

そうなんですね!
自分が歳をとって虫が見えたなら、驚いたり、戸惑ったりしなくてすみます。
ありがとうございます(^^)
何なのかわからない!という事や周りに理解されないのが一番辛い気がします。
私も死期が近づくとわかるだろうなって思います。
大好きな祖母が亡くなる時もわかるだろうと思っていましたが、やはりハッキリとわかりましたよ。

2016/02/24 (Wed) 23:46 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

シークレットさん
みんなまともに取り合わないけど、そういう訳だったんです。

 white bird さん
ありがとうございます。
そろそろかな?ってわかってくると、別れの準備をしなきゃと思いますものね。
身のまわりの整理とかね。元気なうちにゆっくり時間かけてできます(^^)
 

2016/02/25 (Thu) 11:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行