fc2ブログ

母への想い

母に対して距離を置いていました。

末娘だけが私の母のところに行く形をとっていました。

母はもう91歳です。幾らなんでも知らん顔できる年齢ではない。

多少耄碌をしていますけど、元気なので、助かります。

母に昨日は手紙を書きました。

何故かお墓の話になった時、いずれ自分も同じ墓に入るのだという事を綴った時、涙が一筋こぼれました。

母と一緒の墓に入る事を望んでいたんだという事がわかったからです。

どんなに仲が悪くても、どんなに嫌いだと騒いでも、心の奥の奥では母を嫌いになれない自分がいるんだと知った時でもありました。

そんな自分を知って、生徒達に対しても間違っていたと思うことがありました。
もう、自分を偽るのはやめよう。

優しくて良い先生と思われるようにしていたのかもしれない。
厳しいと言われていても、どこか格好つけていたのかもしれない。

もうやめよう。そんな自分。

本当の自分に気づくとむくみもとれて、今日はすっきりです。
身体が軽い。そして痩せたように感じてしまう。

前日25面体の水晶に自分と同化できるかやってみました。
その時からですね。瞬時にピントを合わせてくれる。

これ、貸し出ししようかな(^^;

自分の仕事の方向性を氏神様の前ではっきりさせた今日でもあります。
天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 12

波蕗  

師匠のお気持ちが痛いほどわかります。
でも本当によかったです!
少しでもお母様との心の距離が近まりますように。

私はまだまだです。
愛されているのはわかりました。
でもどうやって甘えたらいいのか。
もういい大人で、娘ももうすぐ成人しようとしているのに、私がどうやって甘えたら相応なのかがわかりません。
こうやって考えるだけで涙が出ます。

比較的長寿の家系とはいえ、お互いに母娘として意識して生きていけるのはあと何年だろうか?
もしも納得がいったときに母との別れが来るのかと考えたら、わかりたくもないとさえ思ってしまいます。

まだまだの私です。

2016/06/08 (Wed) 18:59 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 愛がわかるって幸せですよ。
私は愛されていたとは実感ないです。未だに。
言い換えれば片思いですよ(^^)
だから悲しいんですよね、きっと。
親が酷くても、親失格でも、子供にとっては親です。
わがままが言えたのであれば、それは甘えと違いますか?喧嘩できるって甘えている証拠じゃないかしら?
可愛くするのだが甘えじゃない。

2016/06/08 (Wed) 23:04 | EDIT | REPLY |   
white bird  
こんばんは

私も母と距離を置いています。
母は「はい」しか求めない人で、愚痴が多く昔の事に執着して同じ話を繰り返します。
愚痴を言っても解消されないと言葉も汚くなり荒れます。約束しても時間には現れず連絡もなく待たされるのもキャンセルも当たり前です。
親なんだからと側にいて何でも聞いたり、して欲しい事はしていました。
でも、まるで愛情を確かめるかのように色々と言ってきたり、留守電に暴言が入っていたり。
ネガティブな言葉ばかり聞かされていると自分も辛くなりました。
ある時、ふと、思ったんです。
繰返して解決が見当たらないのなら、何か間違っているのかもしれない。
常識や倫理観を取り払ってみようって。
そしたら、私が近くにいるのは母にとって良くない事なのかもしれないと思いました。
どんどんエスカレートして、どちらにもよくないって思ったんです。
離れてみて、母に対して怒りも恐怖も悲しみもあったんだと気づきました。
離れて、私は自由を感じましたし心が安定して幸せだと感じます。
でも、やはり母に対して好きな部分もあることを知っています。
私も母からの本当の愛情はあまり感じませんでしたね。
母は私がどう思うのか?には興味はなく、私の嫌いな食べ物が一つありますが、それさえ知りません。
それでも、やはり好きな部分がありますし心配でもあります。不思議ですね。
私は、ちゃんと学べているのかなぁと思う日々です。

2016/06/09 (Thu) 23:56 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

幼い子供が親に放棄されたという事件を見ると子供は親が命綱なので、必死に愛されようとするし、愛されたいと願っています。
その気持ちは自立した大人にも消えないでいるのかもしれませんね。
本能として子供は親への気持ちをずっと持ち続けているのでしょう。

2016/06/10 (Fri) 07:36 | EDIT | REPLY |   
みー  

よく心配しているよと言いますが、わたしのこころうちを知ろうとしなかった母が嫌いでした。いつも歪みあってる記憶が強く
うちの姉とは仲良くできるのに、いつも私と話すと喧嘩になりおおあれ。疎外感を感じてました。
仲良くしたいのに仲良くしてくれないから嫉妬してるのかも。昔から母、姉と距離を置いてました。離れて暮らすのも一緒にいるほど喧嘩が多くてしんどいからかもなあ。姉には甘いのに私にはなんかな。っていう気持ちが昔から強い。これ打ってるあいだも。切ないです。母に素直になれない自分が居ます未だに。離れて暮らしたかったのは母に依存してたら仕事してても不安だらけだったからとおもいます。母と電話するときもよく喧嘩するので早く切るようにします。母のことが好きか嫌いかっと聞かれるとわかりませんが、母を悪く言われると腹がたつから不思議ですね。永遠に解けない謎かなあ〜

2016/06/10 (Fri) 21:47 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/11 (Sat) 06:37 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 みーさん
母に愛されなかった不幸な自分と思うことより、お母さんが何故自分にはつらいのかの理由を理解したほうが楽になります。
愛されない理由を知るのではなくて、何故自分にはつらく当たるのか、なんの理由があるのかを理解したほうがいい。


 シークレットさん
人には役割とか、しなければならないことがあります。

もし、すべきことなのに、「困難だから、無理だよ、大変なんだよ」と「自分は出来ない理由」をいくら話しても、それは説得になるのではなくて、「出来ない」自分をPRしているに過ぎない。

目の前の「障害」をどうするか、を少しでも行動する事を考えてほしい。

まずは世間に説得してよ~って、丸投げ?え~(^^;

2016/06/11 (Sat) 08:42 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/11 (Sat) 10:14 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

何故、喧嘩になってしまうのでしょうかね?

それは期待外れだからです。期待しているのに、期待通りのことが返ってこないからです。

期待しなければ腹も立たないと思いますよ。
それだけお母さんはあなたに期待していたんですよ。だから怒るんです。
諦めていなかったという証拠です。

2016/06/11 (Sat) 23:11 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/12 (Sun) 12:48 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 お母さまは受け止められないのとちがいますか?
私も娘が似たような感じです。
でも、わかると怒らなくなりました。出来ないのが当たり前なので。
「ちょっとまてよ~。いいか?よく聞けよ~」
と一緒に考える時間も与えられるようになりましたしね。

2016/06/12 (Sun) 15:12 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/12 (Sun) 21:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行