fc2ブログ

「自身の意志力」で困難を克服できた体験は名経営者として成長するための拠り所

今日朝読んだ記事の一文です。
「「自身の意志力で困難を克服できた体験は名経営者として成長するための拠り所」

とても感銘しました。

経営者とも限らないです。
全ての人にいえる事だと思います。

誰かのせいにして、自分が不運だとしてしまえば、自分の至らないところをごまかしてしまいます。
みんな逃げたがる、そしてそうしたがる。

でも、困難を乗り越える人がやっていることは、必ず、失敗の原因を自分と向き合って、人との関係性を見据えていきます。言い換えれば、失敗しないと成功がないといえるような気がします。

成功できない人は失敗しないようにと思案し、失敗を恐れ行動をしないことを選んでしまいます。

成功した人は、失敗をして、自らの理念を導きだした人のように思います。

松下幸之助氏は採用する時、あなたは不運ですか?と訊いて「不運です」と答えた人を不採用にしたといわれています。やっぱり不運だ(^^;

失敗や嫌な遭遇を不運と思う人ではなくて、失敗や嫌な遭遇を生産性へと考えができる人を求めていたという事だと思います。どう受け取って、どう考える人かを問いていたんですよね。

人生、失敗や嫌なことを避けて通ることなどできないのに、思考で、不運から逃げる人はやっぱり不運しかないといえるのでしょう。

私は「できない」理由を聞いて、「したくない」と受け取っています。
したい人はどうやったらできるのかという問いになります。

「克服した人だけがわかること」が沢山あるのだと思います。
天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 2

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/30 (Thu) 23:35 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 その通りですね。成功できるように、失敗しながら腕を磨いている最中です。
一度で成功したら逆に何か心配になるくらいです。
失敗を怖がるなってそういう意味だと思いますよ。






2016/07/01 (Fri) 10:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行