fc2ブログ

心の叫び

何とかしてくれ

と誰かに頼る気持ちはみんなあります。

私が危険だと思うは、助けてくれという叫びが出たときです。

みんな素晴らしい人だけが聞いてるわけじゃない。
良いエネルギーの人だけが聞いている訳じゃない。

いや、人だけじゃない。

私は「してくれ」という気持ちがそもそも、危険だといいたい。

受け身だからです。
なんでもうけ入れたくなる位弱っていたら、藁にもすがりたい気持ちの時は藁だとわかっていてもすがる。

ここに問題がある。

与える側になれば、「される」被害者にはならない。

する側になれば、される側にはならない。

でも、与える側になるのは勇気がいりますね。

そう今度は「拒否られる」恐怖。これも「される」の被害者。

いつになっても「される」に追いかけられる心の叫び。

被害意識に切りはない。

心の安定を求めていくのなら、「される」ことが「愛」であってほしいと願う

誰かに愛されている

この言葉に人は満たされ、安心する。

「あなたを愛する人がいる」 ということは、あなたがそれだけに値す人であることが不可欠。

それは、あなたも愛を与えなければ、愛されない。
天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 0

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行