fc2ブログ

認知行動学の学会へ

今日は医師や教授たちが集まる学会へ行ってきました。

生徒二人と3人でした。

朝8時半~17時近くまでの学会で、今までの医学ではもうダメなんだ、わかっているけど、じゃどうすればいいんだというところに居るというのが手に取るようにわかってきます。

パターン化された症状に対して処方するというのが西洋医学です。

しかし、症状は人それぞれ千差万別があって、それに合わせられる医学じゃないといけないのに、それは一人の医師が初めて診た患者に対しては無理です。

関係性が大事で、何度も顔見知りで、体の具合が全てわかるような付き合いができる、そういう医師と患者の関係にならないといけないとも言っていましたね。

だから、患者一人一人各自が自覚をもって(認知して)行動せよというのです。考え方で気分が変わります。悪さしている行動にストップさせる(行動学)行為で改善させていこうというのです。

病気予防の事もだし、病気についてある程度の知識も必要なのかもしれません。

もっともだーと思いながら聞いていました。

やはり見えない力が関係していると言っているのがわかります。はっきり言いませんが。
心が原因だというのも話していました。

でも、じゃ、それは何かと訊かれたら、恐らく答えられないから、濁してしまいます。

今後医学の方向性が変わるように思います。今のままじゃ、ダメなんだと学者たちは分かっていました。

痛みというのも、ここが痛いわけがないというクライアントに出会う事があるそうです。

患者が痛いと言わない限り医師は診断ができません。

でも、どこも悪くないのに痛い患者がいるのも事実です。

そういう時、精神病だとしてしまう医師がいます。本当にそうかもしれません。でも、違う場所が何らかの都合でそこが痛くなることもあるでしょう。

このとき、精神科の先生はもしも、クライアントに「精神病だ」と言ったとき、その医師と患者との関係は破滅になる。
その破滅を平気でする先生がいます。言っていいこと悪いことの分別ができない医師がいます。

心で病が始まるとしたら、心で悪化させる。しかも医師のせいで?

医師の立場からの心の在り方をもっと見直さないとならないのだろうと思います。 天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 0

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行