fc2ブログ

リーディングは三段論法だ

誰にでもビジョンが見えるのか、という疑問が入門者。

ビジョンは妄想じゃないか、という疑問が初級。

ビジョンの解釈の焦点がわからない、が中級。

といった傾向があります。

ビジョンは絶対に見えています。でも、それだけじゃ困ります。
何故そのビジョンを見るのかが問題だからです。

そしてこれは想像なのか、妄想なのか、それとも見せられているのかの区別が出来ないという。
妄想は自分でつくりだしているのだから、解釈もすべて正しいはず。
正しい解釈が難しいというのなら、そのビジョンは妄想ではありません。

問題は解釈が正しくできないというのが悩みでしょう。

三段論法で解釈していきます。それしか、正しい導きはありません。

矛盾はない。これだけなんです。ありえないというビジョンがあったら、それは解釈が違います。

三段論法の方法を習得してほしい。
矛盾はない。

もしも、矛盾があったら、それはヤバいのとつながっています。
直ぐに見抜いたぞとなれば、解けます。

見抜くことです。
わからないと途中で辞めてはいけません。

ヤバい方はこいつはこっちに引っ張れると思われてしまうからです。
でも、矛盾を見抜く人にはヤバい方で敬遠します。寄り付かない。

まずは軸をしっかり持って、矛盾を見抜く。それは三段論法を使う事。 天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 0

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行