fc2ブログ

思春期の休み癖

子供は、学校が嫌になる時期があります。
大人だってありますよね。

そんな時、休んでもいいと親が言ってくれる言い訳を考えます。

からだの具合が悪いと言えば休める。
虐められるから行きたくないと言えば休める。

色々な言い訳を考える事だと思います。
どんな理由なら休めるのだろうかと子供なりに考えるものだと思います。

私が出張中中学生だった子供が朝二度寝してしまい、起きたのが11時と言う時がありました。
私のところに電話をしてきます。

「ママ、やばい、二度寝して今起きた、学校休むって電話してよ。風邪だからとか言って」

嘘はだめ。私は常にそう言っています。

「寝坊しましたと言って、自分から電話してから、行きなさい。ママも電話するから」

娘とひと悶着、電話で話していましたが、ママは寝坊したと電話するとずっと言い続けていたら、
半べそで電話すると言ってくれました。

その日は5時間なので、今から行っても、四時間目に食い込むくらいです。
先生は休みなさいと言うかです。

勿論言いません。休むより、学校に来なさいでした。
先生に電話したとき、娘の方が早かったようで、「今電話で、来なさいと伝えました」と先生から話してくれました。

正直に話しても叱られないという経験をすると、次からも正直に話してくれるようになります。
先生も嘘を言わない子供だと思ってもらえます。

嘘を繕っても、恐らく先生なら、嘘を言っていると見抜く事でしょう。
その方がどんなにマイナスかと思います。

その場の恥でも正直に言えることが一度でもできたら、謝る事もできるようになりますし、
懲りてもう、寝坊しない様にしようと努力するものだと思います。

簡単に学校を休むという事を覚えさせないという事も必要な気がします。
逃げる事を許して、立ち向かう事を知らない子供になります。

休んだら今度は学校へ行く方が大変になり、ずっと行けなくなるかもしれません。

本当は本人は学校を卒業したいと思っていると思います。
でも、子供ですから、精神的にまだ、目先の事の対処しかわからないんです。


「宣戦布告」 花より男子というアニメの中で「つくし」ちゃんが言う言葉です。
虐めに対抗する言葉でした。

逃げないで立ち向う勇気を持つって、凄いエネルギーが必要ですね。 天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 6

てるてる  
いつまで続くのか…

ありがとう、きっと私に対する励ましと思って読みました。なんとか月火と行かせる事ができました。でも体を脅しに使って、行かないで済むようにとする娘に対し、どうそれを阻止するのか、本当に難しいです。寝てくださいと言っても寝ません。自分の体を犠牲にしてでもとやられると、やはり母親は怯んでしまいます。こうした作戦にはどう対抗すべきなんだろうと悩みます。

2017/06/27 (Tue) 09:36 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  
負けたらダメ

子供に負けたら、子供の王国になってしまいます。絶対に負けられないという気持ちでいてほしいです。
「積み木くずし」という本をご存知だと思います。
お母さんは怯えてしまう。家庭内暴力は凄いですよね。
あの時お母さんが体当たりしていたら、暴力に負けないでいたら、違っていたような気がします。

寝なくていいじゃないですか。学校で寝ていますよ。今はまだ、それでもいいじゃないですか。眠くなったら寝ます。
勉強していたら、起きていていい、スマホするなら寝ろはおかしな話ですよ。(もちろん、そう思っていないとは思います)

思う通りにしようとしないでほしいです。彼女はそれに対して反抗しているのと違いますか?
まずは1つから。学校に行く、学校に自ら行くまで、お母さんが頼りだと思います。
一緒に通う姿は素晴らしいと思います。

2017/06/27 (Tue) 10:51 | EDIT | REPLY |   
てるてる  
苦しく、辛いです。

一つずつ、とにかく今は学校で寝ようが何しようが構わない、学校にだけ行って欲しいだけを押し通そうと思います。

>思う通りにしようとしないでほしいです。彼女はそれに対して反抗しているのと違いますか?

学校に行かせるのは親の思い通りにしようとしているのとは別と考えていいですか?

とにかく、今はそれだけを、本当にそれだけを考えて他は全て目を瞑り、学校に行かせます。
暴力こそまだありませんが、朝からビリビリの闘いをしています。ここだけはどうしても、どうしても負けたくありません。

切ろうが何しようが、学校には行かせます。

2017/06/27 (Tue) 13:55 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 学校は子供のすべきことですよね。彼女が選んでそこに行くと決めたこと、
それを貫くようにさせましょう。
楽をしていく事を教えないという事は一貫していると思います。

学校を辞めたい、はい、どうぞとはいかないですよね?
お母さんの軸はしっかり持っていてほしいです。

2017/06/27 (Tue) 18:26 | EDIT | REPLY |   
てるてる  
少しでも前に

本当にありがとう。まだ今週は終わっていませんが、何とか月火水木と駅の改札まで娘を自転車の後ろに乗せて、行かせることができました。はすなさんの言う通り、欲張ってはいけませんね。今は一つずつ。諦めて自分で学校に行くようになるまで、毎日でも娘に寄り添います。言いたい事、何やってんだと怒鳴りたくなる事、山のようにありますが、今は全てグッと飲み込んで、学校へ行かせる事だけに集中したいと思います。今日は心療内科の予約を取ってありますが、せっかく学校に行ってくれたので、私だけ、話をしてきます。生理前症候群、あとやはり発達障害類のご相談もしてみようと思います。途中経過ですが、どうしてもお礼が言いたくて。そしてこれからも自分への鼓舞として。

2017/06/30 (Fri) 09:03 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

 前に進んでますね。本当に良かったです。
兎も角、一つ、一つしっかりと、手を繋いで、進みましょう。それを彼女はしたかったんですよ。

2017/06/30 (Fri) 22:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行