FC2ブログ

霊感とリーディングの違い

とても重要なことなのでお話しします。
私のいうリーディングは霊媒のような事はしていません。

確かに超能力と言われるかもしれませんが、普通皆さんが感じる程度の気のせいとしている事を私は気のせいにしているのではなく、知らせとして受け取っていると言うだけの事です。

からだにくる不調にしても、日ごろの出来事も、人の行為もすべて学びであり、知らせなんだと解釈しています。
だから、悪霊とか、憑りつかれたとか、他人のせいといった話には殆どありません。

稀に憑りつかれた人もいますが・・・それって知らない人が呪いとか、怨念とか、やるわけないでしょ?
自分が幽霊になって赤の他人にそんな事しませんよね? 将来自分も幽霊になりうるわけで・・・。

自分がもしも、憑りつくのなら、そんなに大嫌いで、悔しくてと言った人に行きます?
私なら大好きな人のところに行きますよ。その人を見守りたいです。

悪霊とか、悪魔とか、そんなものを作り上げて騒いでいるのに踊られている事に気づきましょう。

悪いことが起きるとしたら、それは知らせです。何か間違ったことを自分がしているからです。
それを認めたくないばかりに何か別の物のせいにしているだけです。

本人が間違っていると気づかない限り治らないでしょう。

リーディングはその知らせを解釈していきます。どうすれば、正しいベクトルに向かうのか、何が間違っているという知らせなのかを解き明かそうとするのがリーディングです。

霊媒ではありません。

ビジョンも霊感で見ることがあります。リーディングもビジョンで見えてきます。
でも確実に違います。
その違いは本人が気づかない限り私が教える事はできません。

ただ、目安として言えるのは、霊感や占いなどは五分五分の当たる確率だと思います。
当たるのも50%です。全部外れる訳ではありません。

でも、リーディングは80%当たると思います。
残念ですが、20%は私の解釈ミスがあり得ますので、100%とは言いません。
でも、この30%の差があります。

生徒さんでもご自分の正解確立が解ると思います。
もしも、80%まで行っていないのであれば、勘とか、思い違いとか、勝手にストーリーを創作してしまっているかです。
霊感でも、勘でも、50%は当たるでしょうから、全部間違いという人も実は居ないんです。

コツを話せば、自分を消す。私は、私はという人はまず、そこでリーディングは失敗します。
次に相手の立場になって物事が考えられるようになることです。

これは普段の生活でも関係していますから、性格によるかもしれません。
自分を消したら、相手の気持ちが入ってくるようになります。
アスペルガーの人でもきっとできるようになると私は信じています。

ものの考え方、捉え方を今までとは変わってきますが、自分というものが確立できるようにします。

私も先日まで腹膜炎で入院していましたが、これも自分に甘いからだというのがわかっています。
誰かのせいとか、誰かに治してもらうという治療ではありませんでした。
脱水状態なので点滴は打っていましたが、抗生剤は一切投与しませんでした。痛み止めは何度か入りましたが。

具合悪いですと言っても、「そりゃ、仕方ない、治らなきゃ、入院が伸びるだけ」と笑い飛ばされてしまうのです。
「点滴打っているし、自分の力を信じよう」と言われるだけでした。

自分の治癒力で治すんだという医師の元で治すことができたこと、その先生に出会えたこともすべて神様が巡り合わせてくれた偶然であり、学びだったと思います。

Comments 0

Leave a reply