親が子供に与える影響

登校拒否 我が家でも、こんな日々を過ごしたことがあります。

高校三年生の二学期から、遅刻が目立ち始めます。
全て寝坊です。何度起こしても起きないから、強制的に起こすと大げんかでした。不機嫌になり、喧嘩していると時間が過ぎ、遅刻していました。

そうこうしているうちに友達の家に宿泊していくようになります。そうなると朝はもちろん寝坊しています。
ますます、遅刻や休みがちになり、いよいよ、先生から連絡がはいります。

三年生の3学期に入ってから「あと数時間で、単位が満たなくなります。落第することになります。」という担任からの連絡でした。

ここまで来ると起こすだけではなくて、遅刻しない様に車に押し込んで、単位の足らない授業に遅れない様にさせて居ました。
毎日、言う事など聞きません。
帰ってこない日もあり、とうとう、3年生の1月の終わりごろ、進学も就職も決まらずに落第という事態になりました。

なんとか先生に頼んで編入という形をとって、高校だけは卒業しました。

24歳になった彼女は今では私と仲良く旅行に行くような仲になりました。

その時を振り返って、子供を直そうと必死に戦っていましたが、こういう状態にしたのは間違いなく私だったと思います。

彼女は私に必死に認めてもらおうと頑張っていた中学時代がありました。
必死だったのに、何をやってもうまくいかず、最後にはなんでも立候補したがる彼女に
 「お前には無理なんだから、やりたがるな、立候補するのはやめとけ」
と言っていました。

私は「恥をかくばかりなんだから、初めからやるな」 ということを伝えたかったのですが、そうは言いませんでした。

どのみち、彼女は傷ついていたのです。
上手くいかない事も、やめとけと言われることも、彼女は傷ついていました。

そして、反抗という態度に変わっていったのです。それが遅刻して単位を落とすことでした。

彼女の自己主張だったのです。何をやってもダメ だから、どうでもいいでしょ?と言わんばかりです。

彼女が20歳ごろでしょうか。ふと突然思いついたことがありました。
運転中のことです。助手席にのる彼女の心が突然入ってきたのです。

「そうだったのか・・・ お前、立候補よくしていたな? (学級委員だったり、合掌会のピアノの演奏だったり、終いには生徒会に立候補したいとまで言っていた) もしかして、それって、ママに認めてもらいたくてしていたんじゃないの?
ママ 今まで気が付かなかったよ、それなのに、ごめんね。気が付けなくて。」

横を見たら、黙って俯いて、大粒な涙を膝の上にボタボタと落としていました。

今思うと彼女の反抗は友達の喧嘩が原因でもなく、学校が嫌な訳でも、先生が嫌いでもなかったのだと思います。
私が彼女一人をきちんと受け止めていたら違ったように思います。

今高校1年生の一番下の娘がいます。

彼女は上の娘とは全く違う性格です。だから、同じように反抗しても、違う形になります。

彼女の反抗は意見をぶつけてきます。「そういう言い方やめて、暗黙のうちに拘束しているんだよ」とか
「こう言わせようと仕向けているんだよ」とか言ってきます。

反発するのは性格によってかなりやり方が変わります。でも、その性格を作るのはある意味親の影響がかかわっています。
その性格形成の時期はやはり幼い時期の3歳のころまでだと思います。

同じように育てていたのにと思うかもしれませんが、同じようにはできなかった環境があったように思います。
そして 「どう行動すれば、親が自分に関心持つかという事を考える時期」 があるものです。

そんな時、長女の時と、次女の時とは全く違いました。それは環境もですが、大きな違いは性格が違うからです。

思春期の反抗は幼児期の性格をつくる時期に大きく影響するのだと思います。

そしてその性格に基づいて、子供が反抗するのは
 「親が自分に関心を持つにはこうすることが一番効率がいいと判断した」 という個性的な方法を選んでいるんです。

だから、「甘やかしているから厳しくしなさい」 なんて答えは大外れなんです。

的外れです。

子供は 「今の自分を、理解してほしい、認めてほしい、なのに、それができない親に反抗している」 のだと思います。
子供を直そうとする前に、まず、不出来な親だという事に気づいて、同じ目線に立って子供を見てほしい。

同じ目線になれず、教えこんだり、強制したり、厳しくしても、子供の人格否定にしかなっていないんです。

だから反抗していくんです。

こんな話を長女沙亜弥と一緒に講演していきます。10月21日がんばれ子供村にて
お申込みは
https://coubic.com/asna/services
から10月21日の青色をクリックして必要事項をお願いいたします。

クリックすると案内が沢山書いてありますが、21日の講演の部分は中間ぐらいに詳細が書いてあります。


Comments 9

ととこ  
親の影響について

もし本気で親の影響を考えたければ、参考になる本とブログを以下にご紹介します。
お勧めの2冊ですが、
・不幸にする親 人生を奪われる子供 ダン・ニューハース (著)
・親業 子どもの考える力をのばす親子関係のつくり方 トマス ゴードン (著)

ブログは、
あるがままの自分を取り戻す  中尾英司
http://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/

大抵の方は、自分が機能不全家族の出身だということを認識していません。
うちは普通の家だと思っています。それを知るきっかけになればと思います。

2017/10/07 (Sat) 10:46 | EDIT | REPLY |   
ととこ  

私のコメントは、この講演会を邪魔する意図はありません。
この講演会のように、一つのきっかけになればと思い、書かせて頂きました。
不快に思われた方がいらしたら、すみません。

2017/10/07 (Sat) 11:30 | EDIT | REPLY |   
サラ  

我が子を「お前」と呼ぶあたり、子どもを一人前の人格と見ていない、所有物というか自分より格下の存在と見ている親のおごりが感じられます。
私ははすなさんのはっきりした物言いは好きですが、それは対大人への対応であって、未熟な子供に接するにはそれなりの優しさや包容力が不可欠でしょう。
私自身、父がはすなさんのようなタイプの親でしたので、娘さんの心の痛みが我がことのように感じられてしまいました。
母親ならば娘さんはなおさらつらかったのではないでしょうか。

2017/10/07 (Sat) 14:10 | EDIT | REPLY |   
レイコ  

働くことと子育ての両立は、本当に大変と想像します。母子家庭の子育て支援、日本でも社会問題になっていますね。

海外の方と話していると、日本は家庭がしっかりしているから経済発展できたと思うと、指摘されることがよくあります。

社会に出て思うのは、メンタルがしっかりした方々の背後には、ご家庭が透けて見えるというか。愛情の豊かなご家庭。

愛されて育って来た子は、強いです。
ハングリーとは違う強さです。
ハングリーが、上昇したいエネルギーとしたら、此方の源泉は愛情に裏打ちされた自信、でしょうか。
昔のある種の日本人は、両方持ってたとしたら、そりゃ強いですよね。

私は子供がいませんが、会社で新成人を受け入れる立場から、お母様お父様には、本当に子育て頑張ってほしいなと。
限られた時間で、愛情に裏打ちされた自信を、たくさん植え付けてあげて欲しいです。その上に、論理的な思考力があれば、なお良いかもしれませんね。


社会に出たら、そりゃもう、自信がぺちゃんこになる様な試練が、バンバンやって来ますから。
(^ ^)

2017/10/08 (Sun) 08:38 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/10/10 (Tue) 12:57 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  
To ととこさん

私が意図していたのは、幼いころの教育はその時、その時がなんとなく過ぎて、なんとか、事通りなく過ぎていきます。
しかし、思春期になった時、あの時の教育はうまくいっていたのに、急に態度が思春期にかわります。
この時、本人は間違っていなかったとどの母親も思っていると思います。
そもそも、その考え方がいかがなものかと私は思います。
自分で失敗したからよくわかります。

その時に気が付いていたら、多分、思春期の悩みはなく、上手くいっていたと思います。
過保護とか、放任とかの基準が本当に難しく、幼いころの親の態度で、多分、かなりお子さんは変わります。

今高校生の末の娘がいますが、携帯とか、門限とか、親の言いなりになる幼いころとは全く違いますから、いう事なんか聞かず、親が忘れていることを良い事に色々知恵を使ってきます。

私が話したいのは、この思春期になる前に、気づいてほしいことが沢山あるといいたいのです。

自分は正しいと思ってしまう事も・・・自分の思い通りに動かしていると感じてしまいます。
子供の為という言葉は魔術だと思います。本当にそれが子供の為なのか、深く考えてほしいです。

2017/10/13 (Fri) 14:39 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  
To サラさん

まず、「おまえ」ですが、幼いころは「ちゃーこ」と呼んでいました。
また、川口で私は思春期を育ったので、言い訳に聞こえるかもしれませんが、相手の事を「おめー」とか、「おまえ」と呼んでいる慣習だったので、「おまえ」に対しては言われてもなんの抵抗も感じません。

呼び方という部分で奢りと判断されるのは聞いている方が問題なのかもしれません。
ま、綺麗な呼び方ではないので、考えものですが、所有物という考え方も行き過ぎているようにか感じてしまいます。すみません。

傷ついていたのだろうというのは、察しがつきます。
本日、娘と孫と私と三人でバリ旅行から戻ってきました。あの頃の話をすると、改めて「え?」と思うことだらけです。
いろんな意味で子育てって親の意図していることと、子供側の受け取り側と違うものだとつくづく思いました。

親自身は安全に良い子に育ってほしいと思うので、厳しい事をしてしまいます。子供はそれが、強制とか、支配とか思ってしまう。
そのズレが親にはわかっていないから問題なんですよ。
私はその失敗をしてきたので、お話ししたいと思います。

特に兄弟ができると問題が生まれやすくなります。

2017/10/13 (Fri) 14:52 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  
To レイコさん

自信という事に対しては、本人の経験が一番の切っ掛けになると思います。
その経験をしようとする勇気をもつのは確かにご両親の影響が大きいと思います。

その点、娘は勇気を持っていたと思いますが、私がペシャンコに潰していたので、彼女の経験値にはやっても無駄という答えしか得られなかった事が可哀想な事をしたと思います。

前にもお話ししたと思いますが、親が全て教えてしまうと、子供は思考力を養えません。もっと思考力をつける話しかけ方があると思います。
思考力は大人になればなるほど必要な事だと思います。

そんな話をしたいと思います。
これからは、言いなりになる子供、反抗しない子供が良いわけではありません。しっかりした考え方を身に着けることが必要な子育てになるのではないかと思います。

2017/10/13 (Fri) 15:38 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  
To シークレットさん

横浜も「おまえ」と親が呼んでいましたか・・・
その所、その所で、きっとあるのでしょうね。

話は変わりますが、私は「子供の為」という言葉に、違和感があります。守ってあげるとか・・・言うとおりにしていれば良いとか。親の尺度で全て決定づけていく事に問題はないんだろうか?と思います。

「可愛い子には旅をさせよ」
まさか、一人旅させろという意味に解釈していないとは思いますが、一応念のため、苦労させなさいという意味です。
レールを作ってあげるとか、親の役目は大学卒業までとかとは反対な行為のように思います。

末娘は私立の付属高校に入っています。
ここは幼稚園からずっと大学院まであります。

高校は中学から上がる子供と高校から入学した子と混ぜたクラスです。
ある数学の先生から聞くと、中学から上がる子と、高校から入学する子と大学受験にかなり差がでるそうです。高校から入った子の方が経験値が高いので、合格率も高いそうです。

大学は多分違うところに行く事になると思いますので、また受験になりますが、大変な事を通り抜けていく経験は挫折の戦いでもあります。

そういう経験を私は沢山してほしいです。先に親が亡くなりますから、残された子供が強く生き残ってほしいと願っています。
守られて生きてきた人は、無責任という生き方になりかねない。

2017/10/13 (Fri) 15:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply