登校拒否は親のせい?

反感買われるかもしれないが、登校拒否は私は学校のせいでもなく先生のせいでもないと考えています。

お子さんに何故学校行かないの?と聞けば、友達もいるし、いじめもない。でも、ただ行きたくないという。

そんなお子さんをみていると、その行きたくないは「逃げる」という事をしているように感じてしまいます。

その逃げを教えているのが「親」だと思うからです。

勿論、親はそんな事、教えているつもりはないでしょう。だから怖い。

嫌な事があった・・・解決しなくていいよ、ママがやってあげる という事をずっとしてきたからではないだろうか?

先生から酷いこと言われた・・・・ママが連絡帳にかいてあげる。
宿題できてないから、休みたい・・・・ママがやってあげるから行きなさい
あの子が虐める、あの子酷い子・・・・そんな人と遊んじゃダメ
今日は休みたい・・・・しょうがないわね、今日だけよ。

そんな回答を言えば子供は逃げ道を見つける事で解決できると覚えていきます。

逃げて解決しているのではなくて、逃げて先延ばしにしているのです。

その場では解決しているように見えているけど、逃げ方を教えているのです。
知らず知らずに子供は自分で何かを解決していく事を忘れて、親が代わりにしてくれることを覚えます。
親が自分に代わってやってくれると思い込んでいきます。

そしてしまいに思春期になって、思い通りにならない事にいら立ち、反抗して登校拒否になっていくのではないでしょうか。

それは学校が嫌だと言えば行かなくていいという事を幼い時に経験したかもしれない。
お腹痛いと言えば、じゃ休みなさいと言ってくれたことを今も通用すると思っているのかもしれない。

幼いころの教育はずっと、大きくなっても続くのです。幼いころ、良い子だからと言っていても、今親がしている事は必ず、思春期にツケが回ってきます。

過保護はあれしろ、これしろと、子供に注意が向いていきます。
過干渉になっていきます。

不登校気味の時、高校二年生のお子さんでした。
一年生の頃から休みがちで、よく嘔吐していたといいます。

それを見ているとお母さんはそんなにつらいなら休みなさいと言ってしまう。
嘔吐の理由で休める事を知ってしまうと、体と心は一つなので、本気で嘔吐したくなる。

このままじゃ、勉強ついていけないからと言っては学校へ行きなさいと言われ、嫌々家を出て駅のトイレで嘔吐していたらしいです。
お父様からも叱られて泣いて、抵抗していたと聞きます。

それはお母様がしている事はやっていいんだと思い込んだ結果だと私は思いました。
病気になったら寝込んでいい、つらければ、寝ていい。何もできないと寝込んでいてもいい、という事をお母さんが子供に背中を見せて教えてしまったのです。

お子さんはお母さんと同じことをしていました。

お母さんが歯を食いしばりながらも、やっている姿をみせたら、きっと変わりますと伝えていました。

そして今、毎日学校へ行っていると先日聞きました。

行かないのは学校が嫌だからではありません。勉強しないと落ちこぼれるよ、良い高校にはいったから、良い大学、良い職業に就くんでしょ?だったらこうしていられないでしょ?と心配のあまり言ってしまいます。

つい過干渉になりがちです。

子供の小さな心は「勉強してもできない」という事は「認められない」んだよね?だとしたら、勉強しなかったら、「できなくてもいい?」と考えていくように思います。

逃げ道です。

逃げ道つくることを教えてしまうと勉強しなくていいという状態を作ります。

子供が自分で考えて、「このままじゃ、まずい」 と自ら、気づかないといけません。
親から言われている場合はぼんやりとしかわかりません。逆に逃げ道しか頭にないのですから。

そのお母さんは 強くなり、小言を言う事をやめました。
そしてそのお子さんは自ら「学校に行かなきゃ」と思ったのです。

そして親は行くようになったから、今度は成績を気にし始める事でしょう。
勉強しなさいと言い始めたら、きっとまた、逃げ道を探します。

今から探すのは自分の未来です。近い未来でいいから、その未来を考えられる力を親が付けていかないとなりません。

親に決めてもらう。親が口出す。親が過干渉になる。親が正論で正そうとする。これは全て間違った方向の子育てだと思います。

逃げ道は教えなくていい。逃げ出したくなることに立ち向かうように、逞しく育ててほしいと思います。

Comments 8

ハル  

気がつけばごくたまのクライアントだった頃からずっと我が家を見守り続けて下さって本当にありがとうございます。
当初はまだ子供は小学校低学年でした。
もっと早く気がついていれば、あの時こうしていればと後悔することがあります。
登校拒否、不登校、高卒認定などが『それもあり』と認められる世の中になったことに甘えて、そんな生き方も選択肢の一つなのかなと思い込んでいました。
ですが少なくとも今の職場のボスは高校中退に否定的で『もし退学して高卒認定ならこの会社では正社員として雇わない』と言い切っていました。
酷いですがそれも日本の現実です。
世の中にしなやかに適応できる大人になるためには、まず私もそうならないとならない。
長い物に巻かれるわけではありませんが、神様が認めた世の中で恵まれた日々を過ごすことができているのだから、案外世の中捨てた物じゃない。
・・・などと何日か前に夫と話していましたが、先週末なんと1人で帰宅してきました!その前の日は駅まで迎えに行ったら『私友達なんかいない』と言いながら3人仲良く歩いていました!

レッスンの隅から隅まで否定のしようがありません(汗。
この場をお借りしてお礼申し上げます。本当にありがとうございます。
まだ成績に関しては赤信号です。本当にヤバい。でも黙って見守ります。

2017/11/05 (Sun) 21:00 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

ハルさんとは永いお付き合いですよね。私のキツイ話も言う事を聞いてよく頑張っていました。感謝したいのはこちらの方です。本当にありがとうございます。

言葉優しく聞こえる事を言ってくれる世の中になりましたし、そういう話を信じたくなりますが、言葉と裏腹というのも現実ですものね。

2017/11/06 (Mon) 23:55 | EDIT | REPLY |   
tazawa  

苛めの加害者になるパターンもあるので全部は賛同できませんね・・

2017/11/07 (Tue) 02:14 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

虐める側になるバターンを教えるは親かと思います。
あの子が虐める、あの子酷い子・・・・そんな人と遊んじゃダメ
と教えているからいじめが始まると考えています。

逃げるという言葉でも、武器になりますよ。
遊んじゃいけないを人にその子は周りに伝えていきます。

そして今まで被害者は結束を始めます。「遊んじゃいけない」と。
そして、今度は加害者と関わらないと言う人数を増やし、仲間外れをしています。
こういうのをいじめといわないですか?

虐め側になるという部分では、どうお考えなのか教えてもらえないでしょうか?

2017/11/07 (Tue) 06:45 | EDIT | REPLY |   
てんつくまる  
逃げる事

逃げる事を教えている親もいるかもしれませんが、親が教えていなくても、子供は最初から逃げる事を知っています。それは自分を守る為の本能だからです。自分が不快、嫌いな物から逃げる事を知らない動物はいません。そこは十把一絡げに親が教えたから、逃げる子になったとは限らないと思います。親が無自覚なだけとおっしゃるかもしれませんが、嫌な事に立ち向かう事を教えるのが下手くそだったんだろうとは思います。いずれにせよ、親の問題ですが。

2017/11/07 (Tue) 16:24 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

子供時代、どうしたらいいかわからない時、泣くだけの時があります。初めて、他人に叩かれる時、物の取りあいした時、突き飛ばされた時など、なんでも初めてという時があります。力加減もわかりません。本能は欲求を満たそうとします。その時は、逃げる行為はまだしないのではないでしょうか?その時親はどうしますか?子供はその親の行為を見ています。そして学習していきます。
ある程度知恵がつく前の親の態度も関係していないでしょうか?

2017/11/07 (Tue) 22:47 | EDIT | REPLY |   
てんつくまる  
「逃げる」は本能なので

逃げる行為は「食べたい、飲みたい」のと同じ脳の奥の方で生まれる感情なので、親が教えるというレベルではありません。もちろん、知らない事物に対していきなり初めから逃げることはしない事もありますが、初めから逃げる事も多いです。一度「嫌な事、怖い事」と学べば、必ず次は教えなくても逃げます。もちろん、周りから学んで逃げる事もします。欲しいものがあった時、他所の子を叩く子もいれば、ただ泣いてお母さんに頼む子もいます。それも親が教えているのでしょうか?多くは「叩いてはダメ」と教えるのではないでしょうか?それでも叩く子は叩きます。同じように、初めての場面でも取られて泣く子もいれば、取られたことに気づかない子、応戦する子、いろんな子がいると思います。もちろん、その後の親の対処の影響が大きいのは間違いありません。奪われた時、それを嫌だと学習した子は、親が教えなくても逃げる子は逃げます。大して気にしない子もいますし、同じ様に応戦する子もいます。親同士が仲が良くて、一緒に遊んでくれないと困るような場合でも、親がどんなになだめすかしても嫌な子から逃げる子は逃げますよ。もちろん、逃げない子もいます。でも生まれた時から臆病な性格の子が、生まれた後の親の対応で、何でも挑戦する子になる訳ではありません。いろいろな「嫌な事」があり、それにどう対処していくか、親に教えてもらったり、周りを観察して「逃げるのはもったいない」と学ぶ子もいるでしょう。登校拒否が何かからの「逃げ」である事に間違いはありませんが、「逃げる事」を親が教えたから登校拒否になるというのは極論過ぎるように思います。元々持っている本能ですから。親が無自覚で逃げさせてばかりいるケースもあるとは思いますが、そうした子が全員登校拒否になる訳ではないでしょうし、その子のもともと持っている性格や登校拒否に至る迄のケースバイケースではないでしょうか。ただの子のわがままのケースも、身体に危害が及ぶようなケースも、後で何故嫌だったのか、子供自身よく分からない思い出せないというケースもあるようです。いずれにせよ、それぞれケースに合わせて、その後いかに子の「逃げ」に、どうして逃げる事になったのか過去を省みて、反省すべきは反省し、その後逃げている子に、どう親が具体的に対処すれば良いのかが本当に知りたい事で、本当に大切で難し過ぎますが。もちろん、その前に予防できるよう子供が小さいうちに親が心構えを持つのは必要ですが、それも子供の性格に合わせて対応を変えていかないといけないのでしょうから、なかなかこれ!という正解はないのかなと思います。

2017/11/10 (Fri) 12:06 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

本能についてのお話しありがとうございます。でも、私の持論ではやはり学習の上で「逃げ」という話についてお話ししているのであって、恐怖に関しての「逃げ」と一緒にしていません。恐怖と学習と混同して話をしていくと混乱になります。

私はずっと「困難から逃げる」ということについて話しています。長年一緒に親といて、親のやる事、説明などを見て生きてきます。

本能の逃げは恐怖ですし、生きていく模範は親の態度が一番大きいと思いますね。
> ただ泣いてお母さんに頼む子もいます。それも親が教えているのでしょうか?
私の言いたいのは、その後の親の態度です。それを学びとしていると思いますし、最初は泣くだけというのが普通だと思います。

最初は子供自身何事も初めてです。「どうしていいのかわからない時」、泣いて親に頼る事でしょう。それは逃げというのでしょうか?
ただ泣くことが逃げの問題になるのでしょうか?「逃げ」の言葉の混乱になっているような気がします。

逃げるという言葉で二つの意味が混乱しているように聞こえるのは私だけでしょうか。

その次に親はどうするか、親の態度が問題になるのではないですか?
いつも親がなんとかしてくれるという学習をして、何でも泣いて助けを求める行為は逃げになるとおもいます。
結局解決してくれるのは親という学習をしていきます。

これも適齢期があり、自分でどうすればいいかをいつかわからないとなりません。
勿論、その子その子の個性もありますが、社会生活を何も知らない子供は何を模範とするのでしょうか。私は親だと言いたい。
それを問題にしています。要するに乳児の本能の頃の話をしているのではなくて学習能力がつき始めの頃の話です。

その子の性格だけじゃないです。親の態度が一番ウエイトを持っています。その重大な問題を見てみないふりができないです、私。

本能の逃げは恐怖とか、身の危険の事の関係であって、ある程度の思考能力がある時期を含めて学習してからの「逃げ」と同類に議論できないと思いますが?

都合のいい時に使う逃げの話にはしたくないと思いました。

極論かもしれませんが、親のせいじゃないと思えない自分もいます。親は責任者です。生活態度などの影響は大きいのではないでしょうか。

2017/11/10 (Fri) 22:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply