FC2ブログ

裁判所の見学

初めて裁判をしているところを見学しました。
こんなに見学者がいるのかというのも驚きでした。

被告人への検察官の質問と応答と弁護人の質問と応答と裁判官の感想などを聞いていると人の気持ちってこんなにあやふやなんだなと改めて思いました。

薬物、未成年と性行為の裁判でした。
30歳以上の人がTwitterを通して知り合い、お酒を飲まして性行為をしたという内容です。
成人したものが、未成年との性行為は犯罪だという事をわかっていたうえでの行為。

相手の少女は14歳の中学生。中学生と分かった上で行為に及んだという内容で、どう誘ったのか、なぜその女性を選んだのか、しかも以前、2度も捕まっていながら3度目で裁判となる。
いくつもアカウントがあり、写真も本人ではないという。

まして、本人が捕まるたびに「二度としません」と言っていたと。
その場しのぎの「もう二度としません」なんだ。

また、取り調べの時はこう話していたが、今回はこのように答えていますが、説明してくださいという話が何度も出てきます。

この時、裁判官がしきりに、判断能力が乏しい中学生を相手に卑劣な行為だと何度も言っていました。しかも、「たまたま」という言い方で濁して済ませようとするのも注意していました。

あーあ、悪いのは男性だというのはわかります。でも、簡単に会ってしまう女性側の警戒心の無さは、やはり、人を疑っていないからであり、人を疑いなさいという教え方をしないとならない世の中なのが本当に残念ですね。

こういう人が執行猶予付きで世の中にフラフラしているのかと思うと、娘の顔がちらつきます。

思春期になるとちょっと悪ぶってみたくなる時期でもあります。大人の仲間入りと勘違いしちょっと悪いことに興味も出てくるのでしょう。
まだまだ、子供です。大人の本当の悪い人に出会ったことがない子供の時期に、犠牲者になる。

相手には家族がある。
暴力的な気持ちになったとき、必ず相手には家族がいる。悲しむ人が本人の他にもこの人にはいるんだという事を念頭に置く事は必要なことのように思います。

他人を思いやるという気持ちを育てていくのが親です。自分の子供の事ばかり見ていては人を思いやる気持ちを育てることができません。

Comments 2

ゆうこ  
タイムリー

今は誰でも傍聴できる時代なのですね。

息子の社会科見学で同じく話を聞いたばかりだったので記事が重なりビックリしました。

日々色々なことが裁かれているなと思いました。

こころのブレーキがかかればいいのでしょうが自己中心的だと自分の都合の良い様に行動しちゃうんですね。

2018/02/23 (Fri) 07:57 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  
To ゆうこさん

嘘が平気、謝れば何でも済むと勘違いしている人が多い。口先の偽善者を見て反面教師にしたいと思います。

2018/02/23 (Fri) 23:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply