fc2ブログ

神戸講演

横浜に戻ってまいりました。
神戸に2日間講演をしてまいりました。

現役の高校生教師と父兄との対話でした。

どんな大人になってほしいのか。
教師
「社会に役立つ人間になってほしい」
父兄
「社会人になって、役に立つ仕事ができるようになってほしい」

結局社会人になって困らない人になるように教育しようとしている目的は同じなのです。

その為には苦しくても逃げない、やるべきことをするそんな事を教えたいわけで、今それができないと大人になって逃げる事しか知らなくて、やり遂げるという事もないまま、「これでいい」と納得してしまう。
こういう人を「できない人」と言われていく事を自覚しないと。

できる社会人は、褒められる事でやるのではなくて、できて当たり前を知っており、みんながやらないことを自ら気づき行動している人ができる人という事を理解しています。

自ら気づいて行動するにはどうしたらいいのでしょうか。
考える力をつけるにはどうしたらいいのでしょう。

そんなことをずっと話していたように思います。

親はあきらめずに子供に教えたいと一生懸命です。そして先生も同じ気持ちなら、連携して子供を育てていく事が理想ではないでしょうか。

先生に文句言っていくことより、理解しあう事の方が先決です。
先生も人間。

なんでも言ってほしいと先生が言っても子どもの悪いところを指摘するのではなくて、子どもの今が悪い状態ならどうやったら改善できるのかを話し合う関係でいたいと思いました。 天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 2

レイコ  

遠方からお疲れ様でした。
為になる企画を、有難うございました。

親御さんの気持ち、たくさんの生徒を抱える教師の方のお話を聞き、現場には、キレイ事では済まない御苦労がたくさんあると分かりました。頭が下がる思いです。

子供達が将来、自立してイキイキと生きられるよう、周囲の大人を見てガッカリしないよう、しっかりしなければ…と思いました。

2018/07/31 (Tue) 07:15 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  
To レイコさん

サポートありがとうございました。対談していてすっきりした感覚になりました。親はいつも子供の可能性を信じているんですよ。諦めたくないのが親なんです。子供は親に心配をかけるのが仕事なのかもしれませんね。
親は子供がそこに居るだけでいい。そんな気持ちで育てていけたらと思うのですが・・・。簡単じゃないですね。

2018/08/02 (Thu) 20:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行