fc2ブログ

考える力

「考える力」がどんどん衰えていくといわれています。

確かにそうだと思います。

私も神様から答えを聞くという事をしています。無になるという気持ちでやっていますが、でも、何も考えていないわけではありません。

勘違いしてしまうところです。

リーディングしていくとき、知識とか、想像はとても邪魔になります。
想像なのかリーディングなのかの境目がわからなくなります。

ここは誠実な気持ちでやるしかありません。

言いたいのはここではなくて、すべて丸投げして「なんですか?」の連呼をしてしまうという事です。
すべて答えを出してくれるという気持ちが間違いの始まりです。

最初に質問したら、答えのビジョンが見えています。

ここが答えなんです。あとはここをいかに解釈していくかで決まります。

なのに、見えたのが何ものなのかを追求するのはわかります。ここは重要です。
でも、何色なのか、大きいのか小さいのか、誰か他にいるのか、人数はどのくらいなのかまで質問をしていく。

それって重要なのでしょうか?

例えば質問で、今の会社を退職したほうがいいのか?残っていた方がいいのか?という質問だったとします。
ここも、退職したほうがいいのでしょうか?という投げかけでリーディングしてはいけません。
退職したほうがいいのか、悪いのかは本人が決めなきゃならないからです。

今の会社を退職したほうがいいのか?残っていた方がいいのか?と質問していたらもうそこから間違っています。

現実から言えば、今の会社をリーディングしていかないとなりません。

シーソーが見えてきて、動いているのがわかったとします。それ以上でも、それ以下でもない。

だとしたら、そのシーソーがギッタンバッコンしているという事がビジョンとしての答えです。そこから質問して解釈していきます。

間違っている質問
なぜ動いているのですか? 公園ですか? 誰かいるのですか? なぜシーソーなんですか? 場所は広いところですか?
言い換えれば、その質問の答えを知って、何がわかるのでしょうか。

例えば
なぜ動いているのかが答えです。いや、動き方が答えです。
公園だったらどうなのでしょうか?公園だったらどうなのでしょうか。退職するしないの答えに影響あるのでしょうか?
公園ではないと分かったときは何が理解できますか?
誰かいたら、どうなのでしょうか。知り合い?知らない人?ってことですか?それで?
シーソーが見えるのはなぜですか?それが答えなので、それ以上の質問をしていく事は自ら考えていない証拠。
広い場所、狭い場所という事が重要なら、何もシーソーじゃなくてもいいですよね?

観察しながら質問していくのが正しいのです。
真ん中の軸は本当に真ん中ですか?違えばそこに意味があるはず
その真ん中の軸は滑らかですか?何か障害があるのか?
速さはどうだろう?普通の速さの基準と比べながら質問します。

シーソーについて細かに理解していく事で、今の問題点が出てきます。
会社そのものということについて理解していけます。

例えばビジョンでわかること
軸が真ん中にあるのではなく、少しガタガタしているシーソーで、スピードがかなりゆっくり動いているとします。

今は会社についてリーディングしているわけですから、会社そのものがガタガタしているという不安定な状態です。そしてシーソーなので動いていますが、スピードは遅く、こういう会社であると言っています。

では、退職してもいいのかという事になりますが、いやいやまだです。

次の目当ての会社はいかがでしょうか。
ちゃんと会社名も聞きましょう。もしも候補も決まっていないのであれば、辞めていいとは言えないですよね。その人が次の就職先が数年後に見つかるという理由なら、もう少し辛抱しないと数年間無職になってしまいます。
時期についてもご自身が決める事なのですが、ちゃんと将来の事も予想して考えていかないとなりません。

カウンセリングと占いは違います。
こんな会社辞めてしまえではなく、次に自分はどんな行動をすればいいのかを考えていかないとならないと思います。 天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 0

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行