fc2ブログ

やっぱりトイレに行かなかった

何年か前、上海へ買い付けに行っていたころ、トイレがトラウマになってしまい、ホテルの中ではトイレに行けるのだが、外に出るとできなかった。朝6時に出発して、夜9時にホテルの中に入るまで、トイレに行きたくない。我慢するのではなくて、ちっとも行きたくならないのである。
勿論身体に悪いのはわかる。わかっているけど、もようしないのだから、行く必要がない。数日間毎日そんな状態になってしまった。

心ってすごい、生理現象までコントロールしていく。

何度か台湾、香港に行っていた時は特に思わなかったのに、今回の買い付けの時は、また・・・無理だ・・・と一度思ってしまった。
中国飛行機の中でも・・・無理・・・となって、それ以来、また、外で出来なくなってしまった。

一緒に行った社員も同行だから、証人もいる。香港の空港も、飛行機の中もまったくない。空気椅子でもいやだと思っているので、もようしない。我慢もない。

流石に日本に着いたら一応トイレに行きました。行きたいわけじゃなかったけど。

からだの不思議は尽きない。 天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 2

あつこ  

トイレに頻繁に行く方なので羨ましいです(^^;

トイレに行っても出し切れない感じでいつも残尿感があります。

なので外に出るのがすごく大変です(><)いつも(^^;どこに行ってもトイレを探している感じです(^^;

2018/09/24 (Mon) 13:09 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  
To あつこさん

それは大変ですね~
膀胱炎とは違うのでしょうか?
秘密の場所なので、隠し事にはお気をつけて。

2018/09/24 (Mon) 20:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行