FC2ブログ

魔法を解く鍵

魔法にかけられる瞬間

相手のペースに飲まれた時から始まる。これは恋愛も同じなのかもしれない。

相手の悪口を言って自分が被害者だと訴える人
自分は被害者よと話しかけてくる人

これは魔法。なぜならその人の話をそのまま信じてしまうから。裏付けもなく聞いたままを信じていく。そしてその人に同情をし、優しくしたくなる。慰めたくなる。話をもっと聞いてあげたくなる。一緒の時間を過ごしたくなる。はい、魔法にかかりました。

異性にもこういう手口使って口説く人もいるだろうけど、同性はこういう事を巧みにしていく。

よく考えて。
他人を悪く言う人。そんな事を言っている暇がある人。努力しない人。
一緒に悪者になりましょうね~。と誘っているのだ。

それに乗って「うんうん、そうか、わかった~」となった人が魔法にかかってしまった人である。

魔法にかからない人は「あれ?なんか変だな??」と少しでもモヤッと思ったら、「自分がその立場に立った時、どう行動するだろう?」と発言者の気持ちになってみればいい。自分も同じことをするか?と考えてみると冷静になる。

私なら、その言葉ができる時は、「ある気持ちが潜んでいたら、自然と出る」というところまで落とし込む。

例えば「何度聞いても頭に入らないの。同じ失敗をしてしまうの」と泣きながら言っている人がいたら、悲しいという気持ちが言いたいのはわかる。
でも、頭に入らないのなら、メモは?努力は?何かした?ととっさに私なら思う。そして、考えすぎかもしれないが、出来なくても教えてくれる人がいるから、頭に入れなくても大丈夫と心のどこかに思っていないだろうか?さらには、頭に入れてられる人になったら、仕事が増える、頼られてしまう。できる人になったら誰かを頼れなくなる。と考えていそうだ。

そう思ったら、「何度聞いても頭に入らないの」と泣いていても、なんの同情もわかない。多分違う事なら一発で覚えることができるだろうし、冷たい人間かもしれないが、それも自分のせいなのだから、自分でなんとかするしかない。

頭に入れるのが苦手なら、メモをすればいいのに、何度もやればいいのに、それすらもしないで、何度聞いても頭に入らないと「できないことへの言い訳」言っている人に同情する理由がない。

流されないで、理解するという事ができるようになると、魔法にかからない。本心は「それをやりたくないから言っているんだ」と気づくだけでも魔法が解ける。

これだけは思う。「可哀想な人を演じる人」に同情してはいけない。
「演じている」のを見破れ。そうしたら魔法にかからない。

「演じる」理由は一緒に悪者になろうね~と誘っているのだ。

Comments 2

レイコ  

そこにいない人の悪口を言う「被害者の集い」には、参加したく無いです。そこから色々、良からぬ事態が発生するような…あれは魔法だったのか。

ポジティブなバカ話が一番盛り上がるな〜と笑。
飲み会で、自分の事を上手く笑い話にして差し出している人、尊敬します。やり過ぎると、ネタかよ〜!ってなりますが笑。悪口大会より健全。

2018/12/02 (Sun) 21:22 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  
To レイコさん

自分ネタが言えるような人と一緒にいると楽しいですね。
同情で人集めする人と、被害者で同情を売り物にして人集めする人といるように思います。

2018/12/02 (Sun) 22:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply