fc2ブログ

タイで日本語を学んでいる人

昨日はバンコク内で日本語を学んでいる状況を聞きたくて色々なところを回って見ました。

日本人の事をどう思っているのか、生の声の一つとして、文化の違いなのに、嫌いだというタクシーの運転手がいました。
その理由がチップをくれないからだという。
タイの人はチップをあげるのが当たり前らしい。日本人はチッフをあげる習慣は無い。
日本人はケチで嫌いなのだとか。

タイでは、タクシー代金が安い、少しでいいので、お釣をあげよう。

大学を回って見たのですが、日本語を教える科目はあるものの、日本語学科というのは少なくなっている状態です。
大学内は広いキャンパスで、制服がありました。とても頭のいい大学です。

日本よりヨーロッパやアメリカに留学する人の方が多い様ですし、海外で就職するより、母国に帰って就職する人のほうが多い様です。日本は税金が高いというのも原因の一つ。

留学できる人はお金持ちの方が多く、日本で労働して母国に仕送りしているという人ははいません。タイは日系企業が多いので、そこに就職して日本語の資格を活かしているという感じです。
日本で就職するより、タイで就職した方がいいと思っている人が多いというですね。

物価は日本とあまり変わらない様な気がします。食事代も日本と似たり寄ったりの値段でした。

インフラもとても発達しているし、デパートも大くて数年前に来た時と街並みがかなり違っているのに驚きました。 天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 0

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行