fc2ブログ

恋と愛の違い

恋は「自分本位」
愛は「相手本位」

恋は「下心」
愛は「真心」

などと言いますね。

恋は亦に心と書きます。
これは脇という意味があります。人の正面形に両脇を示す点を加えた指事とありました。

からだの声の翻訳家®として説明しますと、脇の下は「自由度を表しています」
「恋」は心が脇にある。心は重要ではないということでしょうか。恋はそんな意味。

「変」は恋と愛が合わさって作られている字
久は終の古字と言われていて、変の「久」終わりは自由で定まらない。

愛は心が最後まで覆いかぶさるという意味でしょうか。

「愛している」は自分が好きで好きで好きすぎるという意味ではなく、自分にとって自分よりあなたの方が優先ですよという意味なんですよね。

それをわかって「愛している」と言ってほしい。

だから、自分のこと好きなのかと「試す」人は愛がないという事になります。若い人はそういう事をして喧嘩したり、別れたり、そうやって愛を知っていくのかもしれません。

愛は激しいのではなく、静かでしっとりしているものと今の私の解釈です。
天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 4

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/02/26 (Tue) 09:00 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  
To シークレットさん

愛がわからないという人は、自立していないのかもしれませんね。
まだ、愛されたいという気持ちが先に来てしまう。
愛するより愛されたい。若い頃の私もそうでした。
今は愛される事を求める気持ちより、愛するべき人を愛したいという気持ちの方が先に来ます。
そんな時は被害妄想をしている暇などありません。愛を真剣に語れる人になりたいものですね。

2019/02/26 (Tue) 22:09 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/02/27 (Wed) 11:14 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  
To シークレットさん

激励ありがとうございます。頑張ります。行動あるのみですね。

2019/02/28 (Thu) 07:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行