FC2ブログ

10日にからだの声翻訳の解説セミナー

8月10日にからだの声翻訳家のセミナーを行います。
ポッドキャストで発表していますが、からだの声翻訳家のセミナーを開きます。

どんな話かと申しますと、「体にでる症状で、あなたの何かを修正したがっている」という知らせが来ています。

例えば、くるぶしに痛みとか、 首が痛いとか、吐き気が続くとか、病名を知りたくなるのですが、その症状が知らせなんだというところです。

病院へ行くほどでもないし、一時的に違和感があるという場合があります。未病という言葉がありますが、この場合、放って自然に治ると思っていませんか?

自然に治ることもありますが、薬を飲んでその場を凌ぐという事で事なき主義にしていませんか?

病院へ行くのではなくて、薬を飲むのでもなく、自然治癒の方法です。道具なども使いません。

気づきがあるとひどくなる前に改善するという体験を是非してほしいです。

例えば口内炎があると「ねちねちしつこい」知らせがあります。胃が悪いからという考えよりも、いつまでもくどく言い放ってしまうところがあるのかな?、あれは言いすぎだったかな?と反省すると、マイナスのエネルギーが入った唾液がなくなり、口内炎は早く治るのではないかと思うのです。

こういう反省や自覚などすると良いエネルギーの体になるので、病気になりにくくなるのだと思います。
今部位のどこが調子悪いですか?首ですか?
首はマイナス思考をする癖があります。うつむきの姿勢がいけません。常にそのうつむき姿勢になっているからです。
プラスの考え方をしてみましょう。ノーテンキになれとっているわけではありません。

プラス思考はホッとする気持ちに変わる事です。
うつむきは鬱向きと書き直すことができますね。

プラス思考は人のせいにしない。結果を気にするより、行程を楽しむなど、思考で心を癒す方法です。
これは認知行動学を使用するので、その方法はセルフヒーリングの手法となります。
からだの声翻訳の分野から少し先になるので、これは「1day」のセミナーでお伝えします。

今回は知らせを知る「からだの声翻訳」です。ではその知らせ部位の説明をしていきます。

顔は自分にではなく、相手に知らせています。不思議ですね。自分では気が付かないので、自分の事を無言で相手に知らせます。
瞳は心の窓といいます。瞳は魂そのもの。澄んだ眼、濁った眼、瞼も意味があります。目上の人に対する態度が現れます。
目の上のたんこぶともいいますよね。邪魔だと言わんばかりです。

鼻は自分の事です。どんな状態か、どんな症状がでているかで、相手に知らせています。

そんな意味を読み解いていくのがからだの声の翻訳です。
そんなセミナーに顔を出してみませんか?

8月10日土曜日 明日です。13時から14時です。無料
場所は「がんばれ! 子供村」 4F
池袋 東京都豊島区雑司ケ谷3-12-9
https://www.kodomomura.com/access.html

どなたでもご参加できます。 天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 0

Leave a reply