FC2ブログ

親の虐待

過去の私の話を言ってもつまらないだろうが、親を殺害する気持ちはよくわかる。
そんなネガティブな話をしていいものかと思ってしまう。

94歳になった母はわかっている。自分が子供を虐待していたという事実を。
だから、私に今は喧嘩を吹っかけてこない。これは本当にありがたい。

いつも怒鳴って、「うるさいね~」というのが口癖の母を思い出す。
その時の顔は、般若の顔になっていた。泣けば泣いたで、意味わからずお線香で腕に火傷をさせられていた。勿論叩かれるなんて日常茶飯事。泣きわめけば火傷。出先でも外でも泣いていたな~。自分でも、よく泣いていたと思う。声上げて泣くと怒られるから、しくしくとなく事を子供の時から知っていた。勉強していても、夜遅くまで起きているだけで叱られていた。

大人になるにつれて、その不条理な態度を理解していた。逃げるように家を出た。
私は父が大好きだった。
困ったときには父と話をしていた。家に帰らなくなった父だったが、やはり母より父の方が心は優しかった。

父が家に帰らない日々が数年続いた時は地獄のような日々だった。八つ当たりされていたのだろう。

そんな親に育てられている私は早く結婚したかった。まだ子供だったのだろう。愛に飢えていたのだろう。
愛なんて言うものを理解することもなく結婚した。私に優しくしてくれる人なら誰でもよかったのかもしれない。

その愛を知らない私はまた悲惨な人生だった。

今振り返ってみても、前半の人生は酷かった。50歳を過ぎてから人生が変わった。不思議だ、今はもう人生の後半に来ている。
やっと自分らしく、自分がやらなければならない事を見据えてくるようになってきた。

今になって夢中になってやってきたことが、形になってきた。41歳から自分の力で、自分らしく何ができるのかという事を考えるようになっていた。

それを考えながら、設計図を今でも書いている。

100歳まで生きる人生、この先も私は子供達がいても一人で生きていくのだろうという事を考えながら生きている。
まだ高校生の子供がいる。30歳の子供も同居している。勿論家にお金など入れない。勿論っていうのも変だが💦

楽して生きていこうという事は多分できない。
でも、今は充実していてる。忙しすぎる毎日だけど、嫌なことを考えている暇もない位忙しい。

スケジュールが「今日はありません」という日がこの一年間で何回あったのだろう?
物忘れがだんだん多くなってきたのが困っている。記憶しようとしていないのか。はたまた痴呆症なのか。

書いておくという事が必須だ。

最近では毎日のスケジュールをこなしているという感じである。面談や授業か、イベントに出ている。
明日もイベントがある。その準備をしなければならない。

横浜青葉台駅、スクエア1-5F
フィリアホール区民企画事業 あおば ゆかいな秋フェスタ
明日ここでイベント出店している。
500円の手作りアクセサリーの販売やリーディングなどを行っている。
今日は準備、明日が本番。
お近くの方、面白いイベントなので是非見学にでもいらしてほしいが、500円チケットが必要なのが残念ですね。
天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 6

あつこ  

お線香で火傷とは・・・
子供の頃はそれが虐待だと気が付かなかったのですが、今思うと虐待だったと思います。
毎回デパートに行く準備をしている時、母に叩かれたり玄関に突き落とされて泣いていたのを覚えています。
いつもボロボロになっていました。
母も父から暴力を受けているのを見たことがあります。父からも暴力を受けたことがあります。
結婚して元旦那から暴力でした。でも父も母も元旦那も優しい時もありました。
それが依存症の原因なのかなと思ったりもしてしまいます。




2019/11/04 (Mon) 11:24 | EDIT | REPLY |   
匿名  

インド占星術でラーシ四室火星GKだと支配的な母親や家族からの虐待、土地・故郷でのトラブル、車の事故がありますが不動産、車を得るなどの象意もあります。
人間関係を見るナヴァムシャ七室に火星があると配偶者や恋人からの暴力も起きます。

占いに否定的見解のはすな先生ですが、インド占星術はリーディングしてどうお見えになるのでしょうか。私はヴェーダの神々は太陽系外、キリスト教の神は金星由来の様な気がします。リーディング能力はありません。

火星を宥める護摩祈祷をインドの僧侶にお願いしてから母親からの攻撃はピタリと止み、彼らは出て行き、家と車を得ました。

母親は虐待の事実を認めず自分をとても素晴らしい人間と思い込み自画自賛し私を悪人認定しているのは変わりませんがそろそろ母親の死期なのと彼女の問題なのでどうでも良いです。

インド哲学では虐待その他諸々=過去世の行為の結果と言う事になっています。虐待された本人としては、来世で親から頭を殴られない生き方をしようと思いました。嫌な経験ですがいつまでも執着しない様にします。

2019/11/09 (Sat) 08:14 | EDIT | REPLY |   
匿名  

インド占星術でラーシ四室火星GKだと支配的な母親や家族からの虐待、土地・故郷でのトラブル、車の事故がありますが不動産、車を得るなどの象意もあります。
人間関係を見るナヴァムシャ七室に火星があると配偶者や恋人からの暴力も起きます。

占いに否定的見解のはすな先生ですが、インド占星術はリーディングしてどうお見えになるのでしょうか。私はヴェーダの神々は太陽系外、キリスト教の神は金星由来の様な気がします。リーディング能力はありません。

火星を宥める護摩祈祷をインドの僧侶にお願いしてから母親からの攻撃はピタリと止み、彼らは出て行き、家と車を得ました。

母親は虐待の事実を認めず自分をとても素晴らしい人間と思い込み自画自賛し私を悪人認定しているのは変わりませんがそろそろ母親の死期なのと彼女の問題なのでどうでも良いです。

インド哲学では虐待その他諸々=過去世の行為の結果と言う事になっています。虐待された本人としては、来世で親から頭を殴られない生き方をしようと思いました。嫌な経験ですがいつまでも執着しない様にします。

2019/11/09 (Sat) 08:14 | EDIT | REPLY |   
シークレットさん  
To あつこさん

支配欲ですよね、暴力って勝てるとわかっているからやるわけで、負けるとわかっていたら多分、起こらないものだと思います。
支配を要求する人との関係を続けたいと言うのは、依存症です。別れたり、続けなくていられるというのが自立です。
これが突破できると世の中の不都合に立ち向かうことができるように力がついてきます。乗り越える度に人は強くなるのだと思います。


2019/11/09 (Sat) 11:50 | EDIT | REPLY |   
シークレットさん  
To シークレットさん

占いと宗教はかなり密接な関係があると考えています。何を信仰するかは日本は本人の自由となっていますので、かなり日本の神様は寛大だと思っています。
さて、お母さまとの関係よくわかりますよ。私の母は戦争を潜り抜けて来た人なので、軍人のような考えを持っているところがあると思います。小さい頃から叩き込まれた思考はそう簡単に直らないものです。

虐待を肯定するお母さまの考えを直すことは多分不可能に近いですね。でも、母は私が自分を嫌っているのを知っているといいますし、面倒みてもらえない理由もわかっていると言っていました。

過去のことはもう取り返しがつかないので、今からどうするかということをよく考えた方がいいと、ずっと言い続けていった結果、母が自ら感謝の言葉を言うようになりました。感謝の言葉を直接私に言えるようになったことは、本人も私も昇華していくことになるように思います。

いつかお二人がいい方向にいくようにお祈りしています。

2019/11/09 (Sat) 12:07 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  

↑は笛野はすなのコメントです。

2019/11/11 (Mon) 11:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
相手の気持ちを見るのが得意です。何故だ?と思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。すっきりする回答をお伝えしていきます。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行