FC2ブログ

戦争から日本は変わった

アメリカに負けてから日本は変わった。アメリカの思い通りになっていく。

焼野原になって復興する日本人になったと思ったら、長いものに巻かれろ的な考えに変わっていく。

何をどう批判しても、偉そうなことを私が今言っても、大きな力にはならないけど、今のままで日本は大丈夫なのか?と思ってしまう。

堤義明が全盛のころ、彼は「休日が欲しければ管理職を辞めろ」と言っていた。

今の日本は休め。過労だ、ブラックだとなる。

堤義明氏はアメリカの経済誌フォーブスが発表する世界長者番付で一時は総資産額で世界一となったこともある人物だ。
バブル期の絶頂だった。

昔の人は働く事を何とも思っていなかった。

この勤勉さについても大和魂があったのかもしれない。

アメリカが戦争に勝って日本人を教育していくのに、当時日本人魂は怖いと思っていたらしい。

以下はGHQに書かれていた記事を抜粋してみた。

かつての日本はGHQからこう見られていた。

「強い求心力のあるリーダーの下、強力な軍事力を持つ政府が、野心的に市場拡大を狙う財閥と結託して植民地の拡大を図り、国民生活を統制する国家」

優柔不断に右往左往する今の日本からは想像できないが、これが当時、外から見られていた日本の姿だ。このままにしておいたら、マッカーサーも手を焼かされる。だから民主化の美名の下、雄々しい部分を削ぎ落とされたということだ。

そして、もう一つ日本の価値についていえば、植民地としての価値。戦前の日本には、軍需産業から発展した高度な技術力があった。ならばゆくゆくは、アメリカがほしい工業製品を作らせ、アメリカで余った食糧を買わせるなどすれば、かなり利用価値の高い植民地にできる。

ここまで-------------

洗脳させられた教育によって、腑抜けにされた日本がこれからどうやって残っていくのだろう?若い人もいなくなり、日本を支える人が腑抜けにさせられ、その上に老人ばかりになるということは・・・

「昔のように」と言えば、若者は、言う 「今はそんな時代じゃないんだよ」と。 天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 3

まー  

亡くなった父から聞いたのですが、戦前の剣道と戦後の剣道は全く違うものだと言っていました。戦前の、何メーターも飛んで、一瞬後には相手の目の前に剣を突き付けるような実践的なものはGHQに中止させられた、と。
昔は気骨のある人がいたように思いますが、今は見かけなくなりましたね。優しい人ばかりになりました。世の中が平和だという事でしょう。もう少し気骨のある人が増えてくれるといいですね。

2020/01/23 (Thu) 20:52 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  
To まーさん

アメリカに敵対心を持ち続けないようにする教育をしてきましたね。だから、日本人はアメリカに付いていくという考え方になりました。それがアメリカの戦略だったのではないでしょうかね。日本がアメリカに対して敵対心に変わったとき、危険だと感じていた証拠ですよね。

2020/01/24 (Fri) 16:19 | EDIT | REPLY |   
田所浩二  

そのな日本だからこんなインチキ商売できてるんだろオォン!!!

2020/01/27 (Mon) 22:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
相手の気持ちを見るのが得意です。何故だ?と思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。すっきりする回答をお伝えしていきます。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行