fc2ブログ

恐怖の恐怖

怖がる気持ちは負けを示してしまう。

何にでも当てはまるから、気を付けてほしいです。

怖がらないという精神力が強い人なのかもしれない。

未知への恐怖は誰にでもある。私も怖い。誰かが大丈夫だと証明してから次の順番でやりたい。
みんな同じ気持ちなのだ。

恐怖はこれだけじゃない。暗闇も同じ。そこには何者かが潜んでいるかもしれない恐怖。

その時思う、怖いと思うだけで、得体のしれないものが後ろ路から近寄ってくるかのような恐怖が湧いてくる。

暗闇の中にうっすら白く見えたらもっと嫌だ。その恐怖は明るいところに行くまで続く。

しかし、不思議なもので、そう思う時と、そう思らない時とある。
暗くても怖くない時がある。

明るくても、一人真夜中家鳴りが続くだけで、恐怖になる時もある。

恐らくだが、そういう気配を感じているから、皮膚が感知しているように思う。
産毛はそういうセンサーの役目。

恐怖は恐怖を呼び寄せる力がある。怖いと思うなというのはなかなか難しいが、怖い気持ちに負けると、弱くなる。

手も足も出せない。

リーディングしていくと、恐怖は息がつらい。苦しい。さるぐつわをしているようなもの。押さえつけられて息が苦しい。まさしく、バクバクしてくる感じがしてきます。
まるて金縛りにあっているかのよう。

そして恐怖は想像で巨大化していく。自分から追い詰めて追い込んでいく恐怖の罠。

この罠から逃れるとしたら、戦う勇気しかない。逃げて追いつかれる恐怖と襲われるといった二重の恐怖より、正面向いて戦い抜いていた方が恐怖より楽なのかもしれない。
天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 5

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/01/28 (Tue) 19:24 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  
To シークレットさん

インフルエンザもしかりですよね。
フィリピンに行こうか迷っていました。空港が一番ヤバイですよね?恐怖に近いです。この理由で行くのを躊躇していたのです。

でも、行く決心をしたら、今度は行く理由がなくなりました。行くなと言う事になったのです。
不思議だと思いました。

2020/01/31 (Fri) 03:41 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/02/06 (Thu) 17:15 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/02/06 (Thu) 17:30 | EDIT | REPLY |   
笛野はすな  
To シークレットさん

一応記事にしました。おっしゃる通りでしたね。ご自分が決める事なので、人からとやかく言われてぐらぐらすることもないと思いますし。居心地よければそれでいいのでは?腐れ縁と考えるか、着かず離れずの距離と思うかと違うでしょうか?

2020/02/10 (Mon) 07:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行