FC2ブログ

人の心

段々と見えない世界を認められるようになってきたな~と感じています。

私は馬鹿にされて親しい人から「病院へ行け」とか「何故そんな事を言うのか、人として信用されなくなるだろう」とか言われたこともあります。直接言ってくれるだけいい人なのかもしれません。

「見えてしまうのだから仕方ない」と言っていても「これをあなたに言って何か利害関係が生まれるのか?」と言っても馬鹿にするだけで、「そんなことがある訳ないだろう」と言われていました。

電気信号の脳みそであれば、それは体の外に出ていても不思議ではありません。それを拾いこむことができれば、人の心は見えてきます。

どうやって伝わっていくのかですが、昨日、ホンマでっか!?TV 2020年2月26日で科学的に認められているとはっきり話していましたね。ホッとした。嬉しいです。今後、否定する人がかなり減るでしょう。

自分の事はわからないというのも説明していました。今まで言い続けていたことが科学的にお話してくれている事に本当に今までやってきてよかったと思いました。

勘で話している人もいますが、リーディングは勘ではなくて、論理的、数学的に説明していきます。要するにどうしてこういうビジョンになるんだろう?と解明しながらビジョンを観ています。ひらめきではありません。

例えば性格の部分をリーディングすると「ハイヒール」が見えたとします。この人の性格はハイヒール?となるのですが、勘の人はハイヒールを履く人とイメージして、スタイルとか、センスとかに持っていく事でしょう。性的イメージに持っていくこともあり得ると思います。

リーディングは違います。靴はその人の根底の部分を見せているものです。なので、うわべの話ではないはず。ヒールは背伸びをしている姿です。無理して虚栄をはるところがある人というふうに持っていきます。そのために、疲れやすい、頑張りすぎる、無理してしまう。という性格なんだと分析します。

性格がわかってくると、ものの考え方がわかってきますので、その人の性格になりきって行動をリプレイすると動機がわかります。

私は自分を消して、周りのエネルギーに合わせていくという事をしています。

そのエネルギーを感知したら、ビジョンが見えてきます。神様も一役その方法には関与していると思います。こんな話をすると宗教家と言われてしまうのですが、本当にいるのだから仕方ない。物の存在があるということは、意識を超えた超意識があって当然。そうでないと、ものの存在すら無いし、心という存在もない。

憑依も見たことがあります。でも、普段は全く見えないです。だから私は霊感は全くありません。
集中して視ると見えるので、リーディングの分野だと思います。憑依されているひとが自分自身全く気が付かない人なら、私に伝えないでしょうから、私も視ません。

本当にスイッチだと思います。そのスイッチを入れるのに、集中して視たい瞬間だけスイッチを入れており、普段は自分のエネルギーが勝ってしまっているので感じる事はなかなかできません。

「見えない世界をわかる人」は「見えない世界を見た人」しかわからないと思っていましたが、科学的に存在すると科学者がいうようになった今、その見える人になりたいという人が今後増える事でしょう。

私だって、幽霊は視たくないですよ。でも、普段見えないので、そういうレベルと何かが違うのだと思いますし、今は全く霊のエネルギーに対して恐怖もありません。何か害を与えるという事は今のところないからです。
生きている人の方がよっぽど怖い。

私のスクールはリーディングをしている人たちが何十人といます。これからは、情報が沢山流れています。真実というものを見抜く、理解する力は必要な事のように思います。リーディングは意識しないと難しいのですが、「あれ?何かが違うぞ」というのもわかります。
ご興味があったら、一度説明会へいらしてください。3月15日12時より池袋で詳細は下記よりお申込み下さい。
4月から新しい授業も始まります。その説明もしたいと思います。

https://coubic.com/asna/620384#pageContent 天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 0

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
相手の気持ちを見るのが得意です。何故だ?と思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。すっきりする回答をお伝えしていきます。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行