FC2ブログ

眠っているのにストレッチ

時々右足の関節が痛くなります。昨年は痛かったかなり痛かったです。歩けるのですが、少し歪な歩き方をしていたかもしれません。早くは歩けなかったです。

自分なりに随分リーディングしました。自分の事はなかなか手ごたえが無いのですが、今では普通に歩けるし、階段上り下りも痛みはありません。

このことで病院へは一度も行っていません。何故か軟骨とか骨ではないと感じていたからです。
報せだと思うと何だろう?とリーディングしていましたし、
ゆっくり動かすことで痛みは感じないようにできました。

自己ヒーリングも時間かかりましたが、やってよかったです。今では足の筋肉も付いて、音も鳴らないし、早く歩けるようになりました。
半年ぐらい前だと股関節からカクッって鳴っていましたが、それは全くなくなりました。これは嬉しい。

でも、体をひねると一瞬だけ足の付け根が痛みます。それ以外は普段通りです。


人は簡単に骨と思いがちですが、多分筋か筋肉の痛みです。固くなっていて癒着している?ような気がします。
胡坐も無理なくできますし、膝も問題ありません。

胡坐をかいて、足の付け根を強く押すと痛いところが見つかります。簡単に届くような所ではなく、お尻につながっている筋肉か筋の部分まで響いて痛気持ちいい感じです。

股関節は大概異性問題てす。普段は痛くないので、今現在という事ではないと判断しています。
普段から痛いなら今現在進行形の異性問題があると考えてみて下さい。

私のように普段は平気というのなら、なんらかのストップがかかっていると考えられます。
その瞬間ストップです。私は右に向きを変える時、たまにズキッと一瞬だけ痛みがきます。本当にたまに。

そっちに行くなという事ではなくて、それをするなでもありません。
慎重になりなさい。の意味です。

急いでいたり、無意識だったりして、失敗をしてしまう可能性があります。
良い言葉に騙されそうになったり、勘違いしていたり、行く方向が何か違っていたのかもしれません。

その報せをとことん気が付かなかったのでしょう。関節の警戒音をならしてまで、知らせていたと思います。

悪化していかなかった理由はやはり、寝ているときに足のストレッチをしていたからではないでしょうか。
眠っている最中に力を入れ、足に負荷をかけていたのです。寝ぼけてやっていたと言えばいいのでしょうか。
痛くて起きてやっていたのではなく、眠っているのに足に力を入れて筋肉を緊張させたりしていました。

特に太ももに力が入る、足の付け根に力が入るそんなイメージです。

翌朝は快適です。毎日ではないですね。1週間に一回位そんな事をしていたようです。
無意識に力を入れたくなるんですね。筋肉に負荷かけていたと思います。
そして筋肉を自然とつけていて、骨を保護していたのかもしれませんね。 天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 0

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行