FC2ブログ

金のなる木の存在

金のなる木なんてある訳ないじゃないと思うが、リーディングすると見えてくる。

販売されている植物の「金の生る木」ではない。でも、葉の形は確かに似ているかもしれない。あんなに肉厚ではないが。

リーディングで見える金の生る木は普通の葉っぱなのだが、それが生えて、落ちていく下は小判のようなものが沢山積みあがっている。

小判型ではないのだが、そんなようなものが重なってお山のようになっているのだ。

誰も取りに来ないのが不思議だ。葉が落ちては金色に変わる。落ちる前は普通の葉っぱ。

私が言うお金は生むものだという事につながっていて、この木を持っている人には自然とお金が舞い込んでくる。
舞い込む程軽いものなのかもしれない。やはり気のエネルギーなのか。

木は木でも、幹が真っすぐに生えていない。何度見ても真っすぐじゃない。

その木の下に立った人はお金の生み方を知っていくという事の様だ。なるほど、葉っぱを拾うのではないようだ。
立って、ポタポタと落ちるエネルギーを頭上から浴びている。

まずは、神の力を信じないとそんなエネルギーの存在や気すら、信じられないと言えるだろう。

多くの成功している経営者は神社や神を敬っているのも自分だけの力じゃない事を知っているからだと言える。
もしも、自分の力だけだと思うのは傲慢な性格なので、将来どうなっていくか、わかるような気がする。

チームワークがないとならないし、人脈も必要になる。何もかも縁組や偶然のような必然も全て運気と関係してくる。 天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 0

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行