FC2ブログ

幸せを作るのは自分自身の力です

「幸せ」になりたいと願わない人はいないはず。でも、その実感がない人もいます。
苦労ばかり、〇〇がなくて自由にならない、つらい、悲しい、失望、イライラ、不愉快
そんな言葉をつい言ってしまいがち。不平不満は「幸せ」から逃げている行為です。

それは自分次第です。周りが悪いわけではありません。
不満は自分への鏡。それを呼び寄せた自分、それを選んだ自分だからです。

大変だと思う気持ちは誰でも持っていて、不満も誰でももっているのです。自分ばかりが大変だと思っている人が不幸になってしまうのです。
そして不平不満の言動に、「幸せ」のエネルギーはなく、暗くどんよりとしたエネルギーが体調まで悪くしていきます。

呼吸が困難(パニック症のような)になったり、寝ていることが多くなったりと、不調が出てしまうのです。

中には、健康な人のエネルギー者の所へ行ってエネルギーを貰いに行くから、また回復するという繰り返しをしていく人もいます。

例えば、不平不満を聞いてもらい、同情してもらい、味方になってもらい、励ましてもらって元気になるというルーティンになっています。全て、貰う側。

沢山の人はその不平不満の人に振り回され、軸が揺れ、真実が見抜けず、骨抜きにされてしまうのです。「嫌われたくない」という本心があるからです。

虐めの心理の簡単な図形です。

不平不満を言う人は「思い通りにならない人物をターゲット」に、同情を利用し、集団心理を使って虐めが始まるのです。悪口を言う人が「親分」になり、聞いた人が振舞わされ「同情」して、正義の味方になったつもりで、ターゲットに圧力をかけていきます。真実には無関心のまま、不平不満を言ったもんの言いなりになっているだけなのです。

幸せの図式には程遠いです。
さらに、ターゲットは悪者にされ、弁解も出来ず、わからないまま、周りから嫌われる。ものすごい負のエネルギーです。魔物のエネルギーの方法です。感染力がもの凄い。

被害者で良かった。魔の心に染まらなくて良かった。

辛くて悲しくても、言ったもん勝ちの世の中ですから、言わなかった側のターゲット側は知らずに悪人にされ、気が付いたときにはただ泣くだけです。弁解の余地なし。

虐められ側になっても、幸せはあります。

自らエネルギーを蓄えましょう。それでこそ、幸せになるのです。

どうやって?
①マイナスの言葉を言わないようにする。
「できない」「わからない」の言葉を最後するのではなく、「できるまでする、わかるまで調べる」をしてみましょう。諦めた時が「失敗」と言う時です。

➁不平不満は「自分の責任」と考えること
相手に期待しているから不満が出ます。やってくれると思っていたのに「思い通りにしてくれない」という気持がどこかにあると思います。手伝ってくれない、動いてくれない、同情してくれない等々。

➂ストレス解消法を身に着ける
ストレス解消を自己解決できるようにしましょう。愚痴を言って発散するのではなく、考え方を変えてみましょう。「されている」という受け身でいる限り幸せにはなれません。楽しい事に参加してみましょう。それが本当のストレス発散方法です。

④呼吸を整える
深呼吸は精神を正常にしてくれる力があります。肺ではなく、腹式がいいです。腹筋を使う方法です。30秒鼻で吸って、30秒口から吐くをやってみて下さい。セロトニンが分泌されるので、落ち着きます。その続きで瞑想をしていくと尚いいです。

これらを実行してみて下さい。続けていくという事が大事です。

無料瞑想会をしています。ご予約はこちらから→https://asna.resv.jp/

今夜21時30分から始まりますが、当日は予約ができません。なので、直接問い合わせにてメールください。問い合わせは→https://try-cs.jp/contact
天然石ジュエリー相談予約受付カウンセラースクール     いつもありがとうございます!  

Comments 1

あつこ  

凄くタイムリーです。
まさに今の自分の立場の事です。

ターゲットにされてしまいました。多分やきもちとかからだと思います。

でも神様はみていてくれていると思うので、私はネガティブな事が起きても
それをばねにして、ポジティブの方向に考えています。

人のせいにしないで、今自分が出来ることを
頑張ってしようと思ってます。ネガティブのエネルギーには負けません(^^)

2020/11/10 (Tue) 15:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
体が伝える症状で潜在的な心を理解する事が出来ます
About me
三番目の子供を出産後、水晶に囲まている生活によって、水晶の不思議を体験した時から、この世に説明がつかないことがあることを知る。
同時期に疑問な事を意識するだけで、回答のビジョンが見えてくる事を知るが、脳の異常かと思い、精神科や脳外科に診察を受け、異常なしと診断された。この体験をスピリチュアルに詳しい人に伝えたところ、リーディングをしていると伝えられた。

そこから、この体験は人の役に立つかもしれないと思い、本を出版し、起業家へとなる。

幼少の頃から親からの虐待、結婚後の夫のDVなどを経験し、人から「被害者意識」の「される」事を避けるために、「自立」に目覚める。
「自ら選択」「自ら決断」「自ら責任」という事をモットーにして、生き方についてコーチングスタイルのリーディングをしている。

現在、行っているリーディングでは真実を追求していきながら、認知行動学的に相手の気持ちを見るのが得意。

心のどこかで辛いと思ったら、「はてな」の「はすな」を思い出してください。なんらかの協力ができると思います。

「からだの声の処方箋」が電子書籍で出版しています

♥ リーディングお申し込み
♥ トライカウンセラースクール
♥「風蓮の宝石箱」天然石ショッピング
♥ 風蓮のリーディング情報 blaynmail発行